ニュース
» 2016年06月10日 16時08分 公開

2つの車載カメラがスゴイ! 「プラレール スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー」を体験

いい意味で私が知ってるプラレールと違う……!

[Kikka,ねとらぼ]

 6月9日から開催中の東京おもちゃショー2016で、タカラトミーは「プラレール スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー」を発表しました。


スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー タカラトミーブースでもかなり注目度が高かった「プラレール スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー」

スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー 車体のモデルは「ドクターイエロー」を採用

 「プラレール スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー」は、車体に搭載したカメラの映像をリアルタイムで見ながらスマートフォンで操縦ができるという、これぞ“究極のプラレール”です。


スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー キレイなお姉さんが操作方法や、特徴などを紹介してくれる

スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー テレビカメラの取材もひっきりなしだった

 「日本おもちゃ大賞2016」のイノベイティブ・トイ部門で大賞を受賞したこともあり、9日にタカラトミーブースで行われたお披露目には多くの関係者や報道陣が訪れ、注目度の高さがうかがえました。


スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー スマホで運転できるドクターイエロー

スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー 運転士目線の“運転士カメラ”モード。スイッチを押せば……

スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー 乗客目線の“車窓カメラ”モードに切り替え可能

スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー 運転士モードでは運転速度を変えられる他ホーンなども鳴らせる

 最大の特徴は運転士目線で楽しめる“運転士カメラ”と乗客目線で楽しめる“車窓カメラ”が車体に搭載されている点。

 運転士カメラはコースの正面をとらえることができるので、自分が作ったプラレールワールドを内側から見ることができます。また車窓カメラでは迫力のある列車のすれ違いや併走などが楽しめ、プラレールに乗車しているかのような臨場感を味わえます。


スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー タカラトミーが発表した「プラレール スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー」

 実際に体験させてもらうと、車載カメラの映像が“おもちゃ”というレベルを超えてクリアであることや、スピードを「はやい」にすると想像よりもずっと速かったことなど、「プラレールはここまで進化したのか!」と多くの驚きと発見がありました。

 さらにイベントブースでは「車載カメラの映像を録画して、動画をSNSなどに投稿する」という遊び方についても提案されていました。すごすぎるぞ、プラレール!


スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー 確かに現時点での“究極のプラレール”だった!

 子どもから大人まで幅広く楽しめそうな「プラレール スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー」は1万2960円(税込)で、10月中旬の発売が予定されています。


(Kikka)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」