ニュース
» 2016年06月10日 16時53分 公開

「北海道を、ふりだしに。」 生産終了の明治「サイコロキャラメル」が北海道限定で復活!

グループ企業の道南食品から、「北海道サイコロキャラメル」として再登場。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 5月に惜しまれつつも生産を終了した、明治の「サイコロキャラメル」(関連記事)。しかし以前に伝えられていた通り、グループ企業の道南食品から北海道限定で発売されることが、同社のFacebookで明らかになりました。これはめでたい。


北海道サイコロキャラメル 50粒入りのパッケージタイプも登場

 名前も「北海道サイコロキャラメル」へリニューアル。伝統のおいしさや楽しさはそのままに、長く愛され続けるよう、もっとおいしく北海道らしい商品としてお届けしていくそうです。

 全道の主要空港や駅のおみやげ店などで、6月14日より発売。価格はおなじみのフィルム包装タイプ(サイコロ型の箱が5個セット、全10粒入り)が160円。これが5本入ったパッケージタイプも、800円で発売されます(価格はすべて税別)。

 同社のFacebookには復活を喜ぶコメントが寄せられ、なかには「水曜どうでしょう」とのコラボバージョンを望む声も。地域限定とはいえ復活は喜ばしいところで、北海道みやげの新定番になるかもしれませんね。


歴史 1927年に発売され、一度はその歴史を閉じたサイコロキャラメル。また新たな歩みを始めます(赤い糸がつなぐ明治グループ100年の歴史より)


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」