ニュース
» 2016年06月11日 16時15分 公開

光害の影響で「天の川」が見られないエリア広がる 人類の三分の一が該当

世界の80%以上の空が人工照明によって明るく。

[宮原れい,ねとらぼ]

 夜空に広がる光の帯「天の川」が、人工照明などの“光害”によって見えなくなっていると、イタリアとアメリカの研究チームが6月10日に発表しました。人類の三分の一がそれに該当し、アメリカでは80%、ヨーロッパでは60%の人が見られない環境にあるとのことです。

 論文の中では、衛星写真による「光害を示すマップ」も公開され、地域ごとのレベルも確認できるようになっています。



 発表によると、光害はシンガポールがもっとも広範囲で、イタリアや韓国などの国でも広い範囲で人工照明による明るい夜になってしまっているといいます。一方、カナダとオーストラリアは暗い夜を保持しているという結果も述べられています。

 アジアの衛星写真も公開されていますが、日本のエリアでも明るい夜を示す色が表示されています。



 アメリカ海洋大気庁(NOAA)の国立センターと研究者は、「天の川は私たちと宇宙との大きな関わりの一部」として、 光害によってそれが失われていることを危惧するコメントをしています。


光害 天の川 天の川(National Geographicによる報道記事より)

(宮原れい)


関連キーワード

照明 | 衛星 | 論文


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」