ニュース
» 2016年06月14日 22時00分 公開

ティラノサウルスがアメリカ版「SASUKE」に登場 難関を次々突破し“暴君竜”の力を見せつける

手足の人間っぽさは気にしないでください。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 身体1つで高難度のアスレチックに挑むTVショー「SASUKE」。そのアメリカ版「アメリカンニンジャウォーリアー」に、恐竜のT-Rex(ティラノサウルス)が挑戦しました。手足は人間のように見えますが、外見はおおむねT-Rex。中の人などいません。


登場 エントリー名も「TYRANNOSAURUS REX」

 一見すると単なる番組のにぎやかしに思えますが、このT-Rexの身体能力は本物。序盤の3関門を軽々とクリアしていき、観客から拍手喝采を浴びます。


第1関門-1第1関門-2 ピンボールのバンパーのような足場を機敏に飛び移る

第1関門-3 最後のロープに飛び移って見事に第1関門をクリア

第2関門-1第2関門-2 鉄棒につかまって滑り降りる第2関門も難なく突破

第3関門-1第3関門-2 第3関門の足場は回転するキューブ。それを平地を走るかのように通過していく

 第4関門は、回転するリングにつかまって渡る「スピンサイクル」。勢いをつけて器用に飛び移りますが、最後のリングには届かず、残念ながらここでアウト。あえなく真下のプールに落っこちてしまいます。


第4関門-1第4関門-2 よいしょ……あ、手が届かない!

第4関門-5 残念無念

 失敗してしまったものの、観客の盛り上がりを受けてか、特別に最終関門「反り立つ壁」への挑戦を許されるT-Rex。卓越した瞬発力で一気に壁を駆け上がり、てっぺんで勝どきを上げました。


最終関門1 ダッダッダッダッ……

最終関門2最終関門3 よいしょっ!

君臨 暴君竜の君臨

 ロマンを無視すると、「生身だったら全部クリアできたのでは?」と考えてしまうところですが、ここは「中の人などいない」ということで!


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  2. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  3. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  4. /nl/articles/2104/18/news008.jpg オヤツの時間に、猫たちが乱入してきて…… 大乱闘を始める猫ちゃんとあきれる息子くんの光景が面白い
  5. /nl/articles/2102/02/news012.jpg 台風の雨の日に出会った小さな猫→でっかい猫に! 貫禄たっぷりに大成長した姿に「よかったね」「幸せそう」の声
  6. /nl/articles/2012/15/news014.jpg 「メインクーンの成長恐るべし」 手のひらに乗っていた子猫時代→現在のビフォーアフターが想像を超えていく
  7. /nl/articles/2104/17/news006.jpg 「なんかデカくないですか?」「軽く恐怖感じた笑」 飼い主を出迎えるポメラニアンの姿に驚きの声
  8. /nl/articles/2104/18/news001.jpg 猫「これは一体なんなのニャ……」 ポップコーンマシンに興味津々な猫ちゃんがかわいい
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/18/news005.jpg 「パパとママ守る、だからね……」 ほのぼのムードから急にキルアみたいなことを言う娘の漫画が怖くて笑う