ニュース
» 2016年06月20日 21時14分 公開

千葉日報、「情報の正確性を保証しない」などサイトの文言を削除 担当者「誤解を招きかねず不適切だった」

「報道機関なのに『情報の正確性を保証しない』とはどういうことか」など批判が集まっていました。

[ねとらぼ]

 千葉日報オンラインは6月20日、サイトの「免責事項」に記載されていた「情報の正確性を保証いたしません。また、情報の欠陥が必ず修正されるという保証もいたしません」などの文言について、誤解を招きかねず不適切な表現であったとし、サイトから削除しました。


千葉日報免責事項 当初掲載されていた免責事項(Web魚拓より

 同ページは2006年から存在していましたが、最近になってネットユーザーの間で注目され「報道機関なのに『情報の正確性を保証しない』とはどういうことか」など批判が集まる形に。本来こうした免責事項は、万が一内容に間違いがあった場合の保険として多くのサイトが記載しているものですが、今回は報道機関のサイトということもあって、「新聞社のジャーナリズムとは」「報道としての責任を完全に放棄か」など厳しい意見が多く寄せられていました。



 担当者に取材したところ、本来は“報道機関として最善を尽くしたうえで”というのが大前提でしたが、本来の意図が読者に十分伝わらず、「誤解を招きかねない表現だったため削除いたしました」とのこと。また批判を受け、そもそも報道機関がこうした免責事項を掲げることについても社内で議論があり、今後は内容を精査したうえで、必要があれば追って改訂したいとのことでした。


関連キーワード

批判 | ジャーナリズム | 新聞


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」