ニュース
» 2016年06月21日 20時10分 公開

宿泊中ずっと読書にひたれる「泊まれる図書館」 佐賀の温泉地で実現へ

クラウドファンディングの成功で実現の運びに。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 佐賀県佐賀市の古湯温泉に、夜通し読書ができる宿泊施設「泊まれる図書館」ができることが決定しました。プロジェクトはクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」での資金調達を経て、今夏のオープンを目標に進行しています。


クラウドファンディングサイト CAMPFIREでのクラウドファンディング

 築110年の古民家をリノベーション。昼はカフェ付きの図書館として、夜は図書館を丸ごと独占できる1日1組限定の宿泊施設として営業するとのこと。本に夢中になっているうちに、いつの間にか迎える朝をイメージし、名前は「暁(あかつき)」と決めているそうです。


物件 空き物件を宿泊施設として再構築(画像はクラウドファンディングサイトより)

間取り 図書館の間取り図(画像はクラウドファンディングサイトより)

 主催者は福岡の企業でWebデザインを務めるかたわら、古本屋を営む白石隆義さん。ネットカフェのように漫画だけではなく、書籍を夜通し読める場所がほとんどない現状に気づき、「泊まれる図書館」を思いついたそうです。

 白石さんは九州各地の温泉を巡った結果、福岡市や佐賀市からのアクセスが良く、静かで風情のある古湯温泉での開業を選択。本を介して人がつながる、「本好きの聖地」を目指しています。

 プロジェクトには、寂れつつある温泉街を活性化する意図も。あくまでも「暁」は読書および宿泊の場とし、飲食や入湯は別の施設で。温泉街全体が1つの宿として機能する、「マチごと旅館」を構想しています。


構想 構想の模式図(画像はクラウドファンディングサイトより)

 蔵書数は2000冊を予定。公共図書館のように広範囲のジャンルをそろえるのではなく、本を読む「人」を基準に選定します。うち1600冊は、80人の読書家に20冊ずつ選んでもらい、1冊1冊に選者のコメントを添付。残りの400冊中、200冊はクラウドファンディングの出資者に、もう200冊は古湯温泉の住民に、渾身(こんしん)の1冊を選んでもらうそうです。

 クラウドファンディングは目標額の160万円を上回る、186万2000円の出資を受け無事成功。資金は本の購入費と本棚の製作費にあてられ、目標額を超えた分は、座布団や読書灯など、快適な読書の環境作りに用いるそうです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響