ニュース
» 2016年06月22日 07時00分 公開

アカメアマガエルは危機が迫ると数秒でふ化 研究者が仕組みを解明

卵が外敵に食べられそうになると、幼生が最短6秒で生まれて逃げます。

[ねとらぼ]

 中央アメリカで見られるアカメアマガエル。その幼生は、ヘビなどに食べられそうになるなど危機が迫ると数秒でふ化して逃げることが分かっています。その仕組みをボストン大学の研究者Karen Warkentinさんが明らかにしました。

アカメアマガエル アカメアマガエル

 ほとんどのカエルの幼生は、頭部のふ化腺から酵素を出し、卵を包む膜をゆっくりと分解するためふ化に数時間かかります。しかしアカメアマガエルはヘビやハチなど外敵が襲ってきた振動を感じると最短6秒ほどでふ化します。

アカメアマガエル ヘビが来たら……
アカメアマガエル ふ化して脱出

 アカメアマガエルの幼生はふ化腺が鼻先の部分に集中しており、高速で酵素を出して膜に小さな穴を開けて逃げることが、高速カメラなどを使った研究で明らかになりました。通常より早くふ化することにもリスクはあるでしょうが、卵のまま食べられてしまうという差し迫った危険から逃れることはできます。

アカメアマガエル 膜に穴を開けてふ化する

 研究者によると、このように状況に応じてふ化する手法は魚や鳥などほかの種類の動物にも有効という証拠があるそう。今回の研究結果はJournal of Experimental Biologyに掲載されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた