ニュース
» 2016年06月22日 07時00分 公開

アカメアマガエルは危機が迫ると数秒でふ化 研究者が仕組みを解明

卵が外敵に食べられそうになると、幼生が最短6秒で生まれて逃げます。

[ねとらぼ]

 中央アメリカで見られるアカメアマガエル。その幼生は、ヘビなどに食べられそうになるなど危機が迫ると数秒でふ化して逃げることが分かっています。その仕組みをボストン大学の研究者Karen Warkentinさんが明らかにしました。

アカメアマガエル アカメアマガエル

 ほとんどのカエルの幼生は、頭部のふ化腺から酵素を出し、卵を包む膜をゆっくりと分解するためふ化に数時間かかります。しかしアカメアマガエルはヘビやハチなど外敵が襲ってきた振動を感じると最短6秒ほどでふ化します。

アカメアマガエル ヘビが来たら……
アカメアマガエル ふ化して脱出

 アカメアマガエルの幼生はふ化腺が鼻先の部分に集中しており、高速で酵素を出して膜に小さな穴を開けて逃げることが、高速カメラなどを使った研究で明らかになりました。通常より早くふ化することにもリスクはあるでしょうが、卵のまま食べられてしまうという差し迫った危険から逃れることはできます。

アカメアマガエル 膜に穴を開けてふ化する

 研究者によると、このように状況に応じてふ化する手法は魚や鳥などほかの種類の動物にも有効という証拠があるそう。今回の研究結果はJournal of Experimental Biologyに掲載されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む