ニュース
» 2016年06月23日 17時50分 公開

レベル2万ぐらいありそう “本気”で塗ったぬりえのピカチュウが間違った進化を果たしバッキバキボディーに

10まんボルトよりちきゅうなげとかの方が得意そう。

[コンタケ,ねとらぼ]

 Twitterユーザーのオクタキ トンペティさん(@bankokukun)が投稿した、本気で塗ったぬりえのピカチュウが大変なことになっていると話題です。国民的人気キャラクターであるピカチュウが、とても小さなお子様には見せられない姿にメガシンカしていました。




塗る前 見慣れたいつものピカチュウ


塗った後 どうしてこうなった

 全身の筋肉がバッキバキに割れ、歯と歯茎はむき出しになり、眉間には深いシワが刻まれ、しっぽに血管が浮き出たその姿は怖いの一言。つぶらな瞳は形こそそのままですが、どこか“イッちゃってる”感にあふれています。とても「ピカチュー」なんて、かわいい鳴き声を出すとは思えません。「ホロビヨ」とか「オロカナ」とか、そんな感じの鳴き声が似合いそう。

 これを見たユーザーからは、「こんなピカチュウ倒せねえわwww」「なぜベストを尽くしたのか……」「普通に上手くて笑う」といった声があがっていました。このピカチュウはどんな技を覚えてどんなステータスなのか、1度使ってみたいですね。

(画像提供:オクタキ トンペティさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」