ニュース
» 2016年06月23日 19時00分 公開

小熊を助けるためのクラウドファンディング 違法取引されたところを保護、「彼女に新しい家を」

モーターサイクルクラブが飼い主に説得、保護センターまで届けました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 小熊を助けるためのクラウドファンディングがINDIEGOGOで始まりました。ラオスの野生動物保護団体(ラオス・ワイルドライフ・レスキューセンター)で保護された、メスの小熊に必要な新しい家のための資金を募集しています。


小熊 クラウドファンディング ラオス 小熊は「ミス・ヴィエンチャン(ラオスの首都)」と呼ばれていますINDIEGOGO

 同団体によると、その小熊は最初、野生動物の違法取引で購入されペットとして飼われていたとのこと。その後、飼っていた人が世話にお金がかかるとして、小熊に興味を持っていた中国のビジネスマンに転売しようとします。そこへ、保護団体のことを知っていたモーターサイクルクラブの男性たちが受け渡すように説得。小熊は20台のバイクに護衛されて保護施設に到着したということです。




 施設はすでに16頭の救出された大人のツキノワグマでいっぱいで、小熊(ミス・ヴィエンチャン)のための場所が必要だとしています。目標金額は6000ドル(約63万円)で、支援額は支援者が自由に決める形となっています。6月23日現在、212ドルで13人が支援、残り期間は2カ月です。



(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた