ニュース
» 2016年06月23日 20時50分 公開

狙いはYouTube? デジタルミレニアム著作権法の改正を求め、テイラー・スウィフトやポール・マッカートニーらが署名

「AppleやSpotify、Pandoraはセーフ・ハーバー条項の後ろに隠れたりしていない」。

[城川まちね,ねとらぼ]

 デジタルミレニアム著作権法の改正を求める請願書に186人のミュージシャンと、ワーナー・ミュージック・グループなどのメジャーレーベルなどが署名し、YouTubeを筆頭とする動画共有サービスで見られる著作権侵害から作品を守ろうとする動きが活性化しています。

 米議会へ宛てたこの請願書にはテイラー・スウィフト、ポール・マッカートニー、スティーヴン・タイラー、U2、スティングといった大物ミュージシャンが名を連ね、6月14日から16日の間、ワシントンDCの3紙「Politico」「The Hill」「Roll Call」に広告として掲載されました。

DMCA改正の請願書に賛同したテイラー・スウィフトとスティーヴン・タイラー 請願書に賛同したテイラー・スウィフトとスティーヴン・タイラー(画像はテイラー・スウィフトのInstagramより)

 デジタルミレニアム著作権法はDMCA(Digital Millennium Copyright Act)と呼ばれる米国の法律で、1998年に制定されたもの。Web上で著作権を侵害しているコンテンツを発見した場合、削除依頼をすることができます。本来はコピーコンテンツの流布を防ぎ、著作権を守るものとして生まれました。

 しかし、同法では「セーフ・ハーバー条項」が設けられており、要請を受けて速やかにコピーコンテンツを削除すれば、サービスの運営者は法的責任を問われません。今回の請願書ではDMCAの改正を訴えていますが、実際には現在最も巨大な動画共有サービスであるYouTubeを名指しで批判するものという見方が主流です。

 今回の請願をオーガナイズしたのは、大物ミュージシャンらのマネージメントで知られるアーヴィング・エイゾフ。その主張は「デジタルミレニアム著作権法はまだ動画共有サービスが到来していない1998年に制定されたもので、セーフ・ハーバー条項によりYouTubeなどの動画共有サービスは著作権違反から逃れている」とするもの。「デジタルミレニアム著作権法はソングライターやアーティストにとって最も大きな問題の1つで、テクノロジーの面から考えて前時代的なもの」としています。

 YouTube上での楽曲再生回数は何十億回に上るにも関わらず、YouTubeからミュージシャン、レーベルに支払われる額はCDなどの売上を下回っていると音楽業界は批判。楽曲の違法流通に対し、DMCAは事後的な対応で、違法流通からの収益モデルも限定的、それでいて事業者の責任はないことにいら立ちがあるようにも見えます。請願書には「現行法は、ソングライターやアーティストの音楽制作を脅かし続けてきた。意欲的なクリエーターに、音楽制作か生計を立てることかのいずれかを選ばせるべきではない」と記されています。

DMCA改正の請願書の画像をツイート 請願書の画像をツイートする発案者のアーヴィング・エイゾフ(画像はアーヴィング・エイゾフのTwitterより)

 またエイゾフは、Twitter上で、「もし広告の売上がアーティストへ支払いができるほどにないのならそのビジネスは失敗」とYouTubeに批判的な意見を展開。「AppleやSpotify、Pandoraはセーフ・ハーバー条項の後ろに隠れたりしていない」と、定額制ストリーミングサービス事業者を挙げながら口撃しています。

 音楽業界から著作権侵害への抵抗は、ミュージシャンらの賛同を得て大きなうねりに。長いスパンでは現行法に変化を生むのではないかと注目されています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」