ニュース
» 2016年06月24日 14時19分 公開

あの不気味な四足歩行ロボがご家庭に!? Google子会社の新型「SpotMini」がすごいしキモい

バナナの皮で滑ってもへーきへーき。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 数年前からその不気味さで注目を集めている、四足歩行ロボ「BigDog」(関連記事)。開発元のBoston Dynamicsが、新型「SpotMini」をYouTubeで披露しました。今度は軍事用でなく、家庭向けに開発されているようです。

 外見は胴体から鳥のような足が4本生えた、BigDogの小型版といったところ。狭いテーブルの下も、姿勢を低くして器用にくぐり抜けます。この時点では、どことなく愛きょうのあるペットロボットに見えます。BigDog譲りの奇妙な動きは気になりますが。


SpotMini あの異様な動きが家庭用サイズで

低姿勢1低姿勢2 足を折り畳み、テーブルの下を器用に通過

 しかし首を展開して完全な姿を現すと、キモさが急加速。首はマニピュレーターとして機能し、ガラスやアルミ缶など、壊れやすいものも優しくつかむことができます。シンクの片付けなど、お手伝いをしてくれる優れものですが、もうちょっと見た目をなんとかできないものでしょうか。


完全体 首を持ち上げると、恐竜ともキリンともつかない姿に

お手伝い1お手伝い2 シンクのコップを壊さずていねいに片付けてくれます

 しかしながら歩行の安定性は優秀。バナナの皮で滑っても、首を使って上手に自力で立ち上がります。階段を上るのもお手の物。さまざまな住居に対応できそうです。


バナナ わざわざデモのためにバナナの皮で転ばせるとは

よっこいしょっ よっこい……しょ!

 首を含めた総重量は65ポンド(30キロ弱)。バッテリーで90分間稼働し、動作音も静かです。動画の最後には、主人へ飲み物を届けてじゃれ合うSpotMiniの姿が。実用化されたときのフォルムがどうなるかは気になるところですが、もし家庭に来たら楽しいかもしれません。


じゃれあい 届けた飲み物をなかなか渡さない、お茶目な面も


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響