ニュース
» 2016年06月24日 14時19分 公開

あの不気味な四足歩行ロボがご家庭に!? Google子会社の新型「SpotMini」がすごいしキモい

バナナの皮で滑ってもへーきへーき。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 数年前からその不気味さで注目を集めている、四足歩行ロボ「BigDog」(関連記事)。開発元のBoston Dynamicsが、新型「SpotMini」をYouTubeで披露しました。今度は軍事用でなく、家庭向けに開発されているようです。

 外見は胴体から鳥のような足が4本生えた、BigDogの小型版といったところ。狭いテーブルの下も、姿勢を低くして器用にくぐり抜けます。この時点では、どことなく愛きょうのあるペットロボットに見えます。BigDog譲りの奇妙な動きは気になりますが。


SpotMini あの異様な動きが家庭用サイズで

低姿勢1低姿勢2 足を折り畳み、テーブルの下を器用に通過

 しかし首を展開して完全な姿を現すと、キモさが急加速。首はマニピュレーターとして機能し、ガラスやアルミ缶など、壊れやすいものも優しくつかむことができます。シンクの片付けなど、お手伝いをしてくれる優れものですが、もうちょっと見た目をなんとかできないものでしょうか。


完全体 首を持ち上げると、恐竜ともキリンともつかない姿に

お手伝い1お手伝い2 シンクのコップを壊さずていねいに片付けてくれます

 しかしながら歩行の安定性は優秀。バナナの皮で滑っても、首を使って上手に自力で立ち上がります。階段を上るのもお手の物。さまざまな住居に対応できそうです。


バナナ わざわざデモのためにバナナの皮で転ばせるとは

よっこいしょっ よっこい……しょ!

 首を含めた総重量は65ポンド(30キロ弱)。バッテリーで90分間稼働し、動作音も静かです。動画の最後には、主人へ飲み物を届けてじゃれ合うSpotMiniの姿が。実用化されたときのフォルムがどうなるかは気になるところですが、もし家庭に来たら楽しいかもしれません。


じゃれあい 届けた飲み物をなかなか渡さない、お茶目な面も


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐