ニュース
» 2016年06月24日 16時59分 公開

日清、焼きそば「U.F.O.」を浮かせる技術開発に成功 「浮かないのに『U.F.O.』と名乗っていてすみません」

Mr.マリックさんが浮く仕組みを解説。

[Kikka,ねとらぼ]

 日清食品は6月24日の「UFOの日」にちなんで「浮くU.F.O.」を発表しました。


浮くU.F.O. なぜ浮かせようと思ったのか

 「今まで、浮かないのに『U.F.O.』と名乗っていて、すみませんでした。」と謝罪した日清。発売40年目にして焼きそば「U.F.O.」を浮かせる技術開発に成功したといい、「浮かせてこその『日清焼きそばU.F.O.』です」と並々ならぬ熱意を見せています。


動画が取得できませんでした
Mr.マリックさんによる種明かし

 とはいえもちろん、自動で「U.F.O.」が浮くわけではありません。講師役を務めるマジシャンのMr.マリックさんが浮く仕組みについて動画で解説しています。


浮くU.F.O. Mr.マリックさんの登場で一気に手品臭が漂う“浮くU.F.O”

浮くU.F.O. この「日清焼きそばU.F.O.」が……

浮くU.F.O. 浮いた!!!!

浮くU.F.O. もちろんこれにはトリックが

浮くU.F.O. お前の持っている糸はお見通しだ!

浮くU.F.O. 手首にかけた輪に

浮くU.F.O. U.F.O.を乗せていただけだった(ある意味衝撃)

浮くU.F.O. 実際にやるときは見えにくい糸を使った方がよい

浮くU.F.O. Mr.マリックさんも「エクストリーーーム!」

 マリックさんの手元でフワフワと浮遊するU.F.O.ですが、実はテグス(糸)を使ったマジック。両手首に通したテグスの上にU.F.O.を乗せて上下させていただけなのです。なんと単純な!


浮くU.F.O. U.F.O.きっかけでまさかの交流が生まれる!?

浮くU.F.O. 大丈夫か、それ

 なお、日清は“浮くU.F.O.”をきっかけに「宇宙人と友達に!」「クラスで浮いた存在に!」などさまざまな展開をイメージしているようです。


浮くU.F.O. これは欲しい!

 さらに今回の企画に際し、“一味違う浮かせ方を体験したい方”向けとして「プレミアム超能力糸+Mr.マリックが曲げたスプーン」が10人にプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

 こちらはMr.マリックさんが厳選した糸で、「U.F.O.は浮く」と72時間言い聞かせたという代物。Mr.マリックさんのサインが入っているほか、パワースポット3カ所を巡ったという神頼み的要素も追加された逸品です。


動画が取得できませんでした
Mr.マリックのボックスステップってなんかレア

浮くU.F.O. 「これ、インチキ〜」がクセになる

 また「これ、インチキ〜」という独特なリズムに合わせて、Mr.マリックさんが手品の種を暴露していく「インチキ超能力者のうた」という動画も公開されています。

 これまでにもバレンタインデーなど様々なイベントに合わせて特設ページを要してきた日清(関連記事)。次はどんな面白い特集を見せてくれるのでしょうか。


(Kikka)


関連キーワード

キャンペーン | UFO | 日清食品


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」