ニュース
» 2016年06月24日 20時58分 公開

カクヨムWeb小説コンテストの大賞が発表 横浜駅が自己増殖する「横浜駅SF」の書籍化が決定

あらすじの段階で印象的すぎた“あのSF小説”です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 小説投稿サイト「カクヨム」にて、「第1回カクヨムWeb小説コンテスト」の大賞が発表されました。受賞作品の中では、以前にあらすじだけで面白いと話題になった「横浜駅SF」(関連記事)が、見事SF部門で受賞しています。

 今回の受賞により「横浜駅SF」は書籍化が決定、今後カドカワBOOKSから刊行される予定です。



カクヨムWeb小説コンテスト 横浜駅SF 横浜駅SF」のあらすじより

 イスカリオテの湯葉さん(@yubais)のオリジナル小説である「横浜駅SF」は、自己増殖能力を獲得した横浜駅が、本州の99%を覆うほど膨張し続けた数百年後の日本が舞台……という突飛なアイデアながら、中身もよく練られたSFとしてレビューでも絶賛され、注目を集めていました。


カクヨムWeb小説コンテスト 横浜駅SF 作品は本編26話、用語解説、増発7話、登場人物紹介で構成されています

 KADOKAWA編集部は作品の講評で、「“駅”が自動増殖し日本を浸食していくという独創性の高い発想が印象的でした。自動改札が追ってきたり生体認証が電子切符だったりと、誰もがイメージ出来てユーモラス。世界観の作り方が魅力的で、読者が忘れられない作品であると明言できるキャッチーさが評価されました」と述べています。

 コンテストの応募総数は5788作品で、その中から部門別に7作品が大賞。その他の部門で大賞に選ばれた6作品も同じく書籍化が決まっています。


カクヨムWeb小説コンテスト 横浜駅SF カクヨムにて2015年12月〜2016年2月まで応募を受け付けていました

大賞作品

ファンタジー部門

「誰にでもできる影から助ける魔王討伐」 著者:槻影

SF部門

「横浜駅SF」 著者:イスカリオテの湯葉

ホラー部門

「僕の妹はバケモノです」 著者:鹿角フェフ

現代ドラマ部門

「ヒーローは眠らない」 著者:伊丹央

現代アクション部門

「勇者のクズ」 著者:ロケット商会

恋愛・ラブコメ部門

「平安時代にタイムスリップしたら紫式部になってしまったようです」 著者:中臣悠月

ミステリー部門

「うさぎ強盗には死んでもらう」 著者:唐間ネロ

カクヨム公式サイトでは特別賞受賞作品も19作品掲載されています。

(宮原れい)


関連キーワード

カクヨム | 小説・詩 | コンテスト | 受賞


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む