ニュース
» 2016年06月24日 20時58分 公開

カクヨムWeb小説コンテストの大賞が発表 横浜駅が自己増殖する「横浜駅SF」の書籍化が決定

あらすじの段階で印象的すぎた“あのSF小説”です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 小説投稿サイト「カクヨム」にて、「第1回カクヨムWeb小説コンテスト」の大賞が発表されました。受賞作品の中では、以前にあらすじだけで面白いと話題になった「横浜駅SF」(関連記事)が、見事SF部門で受賞しています。

 今回の受賞により「横浜駅SF」は書籍化が決定、今後カドカワBOOKSから刊行される予定です。



カクヨムWeb小説コンテスト 横浜駅SF 横浜駅SF」のあらすじより

 イスカリオテの湯葉さん(@yubais)のオリジナル小説である「横浜駅SF」は、自己増殖能力を獲得した横浜駅が、本州の99%を覆うほど膨張し続けた数百年後の日本が舞台……という突飛なアイデアながら、中身もよく練られたSFとしてレビューでも絶賛され、注目を集めていました。


カクヨムWeb小説コンテスト 横浜駅SF 作品は本編26話、用語解説、増発7話、登場人物紹介で構成されています

 KADOKAWA編集部は作品の講評で、「“駅”が自動増殖し日本を浸食していくという独創性の高い発想が印象的でした。自動改札が追ってきたり生体認証が電子切符だったりと、誰もがイメージ出来てユーモラス。世界観の作り方が魅力的で、読者が忘れられない作品であると明言できるキャッチーさが評価されました」と述べています。

 コンテストの応募総数は5788作品で、その中から部門別に7作品が大賞。その他の部門で大賞に選ばれた6作品も同じく書籍化が決まっています。


カクヨムWeb小説コンテスト 横浜駅SF カクヨムにて2015年12月〜2016年2月まで応募を受け付けていました

大賞作品

ファンタジー部門

「誰にでもできる影から助ける魔王討伐」 著者:槻影

SF部門

「横浜駅SF」 著者:イスカリオテの湯葉

ホラー部門

「僕の妹はバケモノです」 著者:鹿角フェフ

現代ドラマ部門

「ヒーローは眠らない」 著者:伊丹央

現代アクション部門

「勇者のクズ」 著者:ロケット商会

恋愛・ラブコメ部門

「平安時代にタイムスリップしたら紫式部になってしまったようです」 著者:中臣悠月

ミステリー部門

「うさぎ強盗には死んでもらう」 著者:唐間ネロ

カクヨム公式サイトでは特別賞受賞作品も19作品掲載されています。

(宮原れい)


関連キーワード

カクヨム | 小説・詩 | コンテスト | 受賞


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」