ニュース
» 2016年06月24日 20時58分 公開

カクヨムWeb小説コンテストの大賞が発表 横浜駅が自己増殖する「横浜駅SF」の書籍化が決定

あらすじの段階で印象的すぎた“あのSF小説”です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 小説投稿サイト「カクヨム」にて、「第1回カクヨムWeb小説コンテスト」の大賞が発表されました。受賞作品の中では、以前にあらすじだけで面白いと話題になった「横浜駅SF」(関連記事)が、見事SF部門で受賞しています。

 今回の受賞により「横浜駅SF」は書籍化が決定、今後カドカワBOOKSから刊行される予定です。



カクヨムWeb小説コンテスト 横浜駅SF 横浜駅SF」のあらすじより

 イスカリオテの湯葉さん(@yubais)のオリジナル小説である「横浜駅SF」は、自己増殖能力を獲得した横浜駅が、本州の99%を覆うほど膨張し続けた数百年後の日本が舞台……という突飛なアイデアながら、中身もよく練られたSFとしてレビューでも絶賛され、注目を集めていました。


カクヨムWeb小説コンテスト 横浜駅SF 作品は本編26話、用語解説、増発7話、登場人物紹介で構成されています

 KADOKAWA編集部は作品の講評で、「“駅”が自動増殖し日本を浸食していくという独創性の高い発想が印象的でした。自動改札が追ってきたり生体認証が電子切符だったりと、誰もがイメージ出来てユーモラス。世界観の作り方が魅力的で、読者が忘れられない作品であると明言できるキャッチーさが評価されました」と述べています。

 コンテストの応募総数は5788作品で、その中から部門別に7作品が大賞。その他の部門で大賞に選ばれた6作品も同じく書籍化が決まっています。


カクヨムWeb小説コンテスト 横浜駅SF カクヨムにて2015年12月〜2016年2月まで応募を受け付けていました

大賞作品

ファンタジー部門

「誰にでもできる影から助ける魔王討伐」 著者:槻影

SF部門

「横浜駅SF」 著者:イスカリオテの湯葉

ホラー部門

「僕の妹はバケモノです」 著者:鹿角フェフ

現代ドラマ部門

「ヒーローは眠らない」 著者:伊丹央

現代アクション部門

「勇者のクズ」 著者:ロケット商会

恋愛・ラブコメ部門

「平安時代にタイムスリップしたら紫式部になってしまったようです」 著者:中臣悠月

ミステリー部門

「うさぎ強盗には死んでもらう」 著者:唐間ネロ

カクヨム公式サイトでは特別賞受賞作品も19作品掲載されています。

(宮原れい)


関連キーワード

カクヨム | 小説・詩 | コンテスト | 受賞


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  2. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  3. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  4. /nl/articles/2104/05/news024.jpg 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  5. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も
  6. /nl/articles/2104/14/news014.jpg 飼い主がゲーム中の猫ちゃんの表情→ゲームをやめ名前を呼ぶと…… 猫の表情ビフォーアフターが面白い
  7. /nl/articles/2101/07/news089.jpg 高岡早紀、高身長な長男&次男とのレアな“家族3ショット” にじみ出るイケメン感に「息子さん達カッコイイなぁ〜」
  8. /nl/articles/2104/09/news143.jpg 森の中で“ある場所”を指し示すカーナビ、恐怖体験かと思いきや…… 涙の展開が待ち受ける怪談漫画
  9. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  10. /nl/articles/2104/14/news010.jpg いつもは出迎える愛犬がハウスに立てこもり→その理由は…… 申し訳なさそうな表情と部屋の惨状がほほえましい