ニュース
» 2016年06月25日 00時32分 公開

宇宙から変なの受信した……アプリ「ひとりぼっち惑星」他のユーザーからランダムで届くメッセージが楽しすぎる

笑えるネタから、便利な知識、しんみりメッセージまで。

[たまごまご,ねとらぼ]

 アプリ「ひとりぼっち惑星」iOSAndroid)で、知らない誰かから受け取ったメッセージの画像がネットにアップされまくっています。

 このアプリ本体は、人がもう誰もいない星を描いた作品。暴走したAIが戦いを続ける中、ひとりぼっちの生き物が、そこら中に散らばった部品を集めてアンテナを伸ばし、宇宙に漂う声を拾っていくというストーリーです。


画像 自分もひとりぼっち、メッセージもひとりぼっち

画像 AIがAIを壊し合う世界に、人間はいません

 最初のうちは、宇宙に点在する地球人からのメッセージを受け取ります。

 話を進めていくと、プレイヤー側も文章を発信することが可能に。ボトルの中に手紙を入れて流すのと同じで、ゲーム内で作った文章を放流し、誰か分からないプレイヤーが受け取る仕組み。文章も1文字から数十ページまで作成可能です。


画像 条件を満たせば自由に送れます。受け取るのはランダムです

 この機能を利用して、様々なネタから、本当に手紙になっているものまで、ものすごい勢いでメッセージが流れ始めました。送信も受信も、ゲームとしての手間がそこそこかかることもあり、推敲されたものばかり。














画像 瓦礫を集めてアンテナをのばして、どこかの誰かのつぶやきやネタやメッセージを受信

 中には届いたネタの意味がわからず困惑している人や、間違って半端なところで送信しちゃった人も。それも含めて、ランダム漂流メッセージの面白さです。ぼくも後で「こんごとも ねとらぼ を よろしく!」と送ろうと思います。



たまごまご


関連キーワード

アプリケーション | 宇宙 | Android | ゲーム | iOS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー