ニュース
» 2016年06月29日 07時00分 公開

怒れる黒ヒツジがマットめがけて思い切りタックル → あまりの威力に撮影者吹っ飛ぶ

彼の怒りはいつ収まるのか。

[ねとらぼ]

 怒れる黒ヒツジの「ラムブロ」くん。以前もなぜかサンドバッグにタックルを繰り返すなど血気盛んな様子を見せていました(関連記事)が、その闘争心は今も健在の様子。YouTubeには相変わらずタックルし続けるラムブロくんの映像が投稿されています。

 グラスウール製のマットに向かって、ガッシガシぶつかっていくラムブロくん。人間と比較すると小さな体でありながら、マット越しの大人をふっとばす破壊力です。仲間のヒツジに「なにやってんだこいつ」的な目線を受けながらも、それでもタックルをやめません。


ラムブロくん強い ラムブロ「オラァッ!」

ラムブロくん強い 仲間のヒツジ「(何やってんだコイツ……)」

ラムブロくん強い 頭がマットにめり込む破壊力

ラムブロくん強い 支えきれない

 また、動画にはラムブロくんのタックルを受ける側からの映像も。少しづつ後ろに下がり、一気にダッシュしてくるラムブロくんの勢いはすさまじいものがあるようで、撮影者は再度後ろに吹き飛ばされます。コワイ……。


ラムブロくん強い 後ろから一気にダッシュするラムブロくん

ラムブロくん強い ドゴォ!!

ラムブロくん強い 後ろに吹き飛ぶ撮影者。この威力である

 動画の最後までタックルを続けるラムブロくん。彼の怒りはいまだ冷める気配はないようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた