ニュース
» 2016年06月29日 22時22分 公開

神秘的な夜の水族館 「ナイトワンダーアクアリウム2016〜月光に漂う水族館〜」が江ノ島で開催

お魚さんの気持ちを体感できそう。

[k村,ねとらぼ]

 新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)で、7月16日〜12月25日の期間中「ナイトワンダーアクアリウム2016 〜月光に漂う水族館〜」が開催されます。


ALT 夜の海底が視界に飛び込んでくる「相模湾ゾーン/相模湾大水槽」

 生命の誕生と密接に関わったと言われている月。月の引力によって引き起こされる潮の満ち引きが、地球における生命の誕生や成長を促したと考えられています。

 同イベントでは、魚たちが泳ぐ姿にデジタルテクノロジーや照明・サウンドを掛け合わせて“夜の海を体感する神秘的な時空間”を演出。その空間の生きとし生けるものたちを月の光がやさしく照らすことで、太古の海から繰り返され未来へと続いていく、生命の誕生と成長の物語を幻想的に表現します。


ALT エントランス階段。下から見上げると早速海の世界が迎えてくれる

ALT 海中と星空に包まれた、未知なる時空間「相模湾ゾーン/出会いの海」

ALT 月光がさしこむ相模湾「相模湾ゾーン/岩礁水槽」

 開催期間はパート1からパート3までの3期間で構成され、季節とともにコンテンツが変化していきます。

 7月16日〜9月12日に開催されるパート1では、全身を夜の海に包まれまるで魚になって相模湾を泳いでいるような感覚を味わえる「相模湾ゾーン/相模湾大水槽」や、極彩色に浮かび上がったサンゴ礁の中で舞い踊る魚たちの姿が楽しめる「太平洋〜クラゲサイエンス」、希少な深海生物の立体映像を360度全方向から観察することができる「深海II〜しんかい2000〜」など、夜の水族館ならではの神秘的な展示の数々を実施。イルカショースタジアムでは、イルカやクジラたちの特別なパフォーマンスも開催されます。

ALT きらめく光の粒の中で舞い踊る魚たち「太平洋〜クラゲサイエンス」

ALT 深海の神秘の物語「深海II〜しんかい2000〜」

 期間中、水族館内のオーシャンカフェではオリジナルメニューを販売。夜空をイメージし、星型にカットしたパイナップルやナタデココがちりばめられたブルーハワイ味の光るかき氷「ムーンライトフラッペ」(700円)は17時からの限定メニューとなります。ユニークな雑貨や深海関連の商品が揃うオーシャンショップでは、クリアファイル(280円)や缶バッチ(200円)など、期間限定オリジナル商品が販売される予定です。

 昼間とは異なる、ミステリアスな表情を見せてくれる夜の水族館。目で耳で、心で感じられる、海の生物たちとテクノロジーの見事なコラボレーションを体験してみてはいかがでしょう。

開催概要

名称:「ナイトワンダーアクアリウム 2016 〜月光に漂う水族館〜」

会場:新江ノ島水族館 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1

開催期間:2016年7月16日〜12月25日 ※休催日:10月15日

[パート1] 7月16日〜9月12日

[パート2] 9月13日〜10月31日

[パート3] 11月1日〜12月25日

開催時間:17時〜20時

入場料:大人2100円 高校生1500円 小・中学生1000円  幼児(3歳以上)600円

問い合わせ先:0466-29-9960


※画像はイメージ。イベント実施日時・内容は予告なく変更する場合あり



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」