ニュース
» 2016年07月01日 20時00分 公開

100万匹のゴキブリを飼育するG専門家たちに聞く ネットの「ブラックキャップ最強説」は本当なのか? (1/2 ページ)

アース製薬の専門家に直接聞いてきました。

[たろちんねとらぼ]

 暑い日が増えてきていよいよ夏到来といった雰囲気。そうなってくると気になるのが黒光りするアイツらの存在です。

ゴキブリ対策 Gたちの活動が最も活発になる時期(アース製薬)

 7〜8月はゴキブリの活動が最盛期を迎えます。そんなときに頼れるのはやはり殺虫剤などのゴキブリ対策グッズ。ゴキブリが何より苦手な筆者が、専門家にこの時期のG対策について聞いてきました。

 答えてくれたのはアース製薬で研究用のゴキブリ100万匹を飼育している有吉立さんと、そんなゴキブリを使って商品開発を行っている安台梨乃さん。経歴の時点でだいぶ壮絶そうな仕事ぶりがうかがえます……。

ゴキブリ対策ゴキブリ対策 アース製薬株式会社 課長 グリーンアドバイザー 有吉立さん(左)、アース製薬株式会社 研究部 研究員 安台梨乃さん(右)

50万匹のゴキブリを放し飼いにした飼育室

 まず「ゴキブリを飼育している」という事実が大きな驚き。アース製薬では本物のゴキブリを使って薬剤のテストなどをしており、有吉さんはそのためのゴキブリ約100万匹を管理しています。飼育ケースに分けて育てているものもいますが、約50万匹は5畳ほどのスペースに放し飼いにされているとのこと! よっぽどゴキブリが好きなのかと思いきや、実は入社するまでは人並み以上に虫が苦手だったと言います。

 「もともとゴキブリは苦手で、家で出たときは家族を呼んで退治してもらっていたくらい。虫の飼育の仕事がしたかったというわけではなく、あくまで生活のために入社したという感じでした。最初はハエや蚊の飼育を担当していたんですが、ハエのウジの臭いがすごく気持ち悪くて……しばらくはお昼ごはんが食べられなかったのを覚えています」(有吉さん)。

ゴキブリ対策 ゴキブリを飼育する通称「ゴキブリ部屋」(アース製薬公式サイトより)

 ゴキブリを担当するようになってからも手からゴキブリが登ってくるなど、思わず悲鳴をあげるような恐怖体験は多かったとのこと。ただ、有吉さんが部屋に入ったときに逃げていくゴキブリを見て「ゴキブリも人間が怖いんだ」と気付いてからは少し恐怖が薄れたそうです。なお、ゴキブリを克服する方法について聞いてみると「ケースなどにたくさんのゴキブリを入れて慣れるまでじっくり観察するといいのでは」とのことでした。絶対嫌だ。

ゴキブリ対策 【超絶閲覧注意】ゴキブリ部屋の内部の様子(アース製薬公式サイトより)(※クリックでモザイクが外れます)

 ちなみに有吉さんが育てたゴキブリはアース製薬の各営業所などに送られており、有吉さん以外の社員にも素手でゴキブリの標本を作ったりお昼ごはんを食べながら隣のゴキブリにエサをやったりする人がいます。アース製薬すげえ……。

 ゴキブリというと放っておいても増えるイメージがありますが、実は意外と飼育するのは大変なのだそう。

 「ゴキブリの飼育はとにかく温度と湿度の管理が大切。飼育室の温度は25〜28℃、湿度は40〜50%に保っています。夏の間だと1匹のゴキブリは2カ月ほどかけて約500匹分の卵を産みますが、ゴキブリコバチという天敵が卵に寄生して食べてしまうことがある。月に1万匹ほど供給しなくてはいけないため常に注意を払っています」(有吉さん)。

ゴキブリ対策 有吉さんの育てた虫たちが研究に使われています

 生命力の強いイメージのあるゴキブリですが育てるとなると結構繊細なもよう。ちなみにネット上ではゴキブリの天敵であるアシダカグモが「最強のハンター」「アシダカ軍曹」などと呼ばれて人気ですが、その点についても聞いてみました。

 「最強とはいかないかもしれませんが、アシダカグモがいる家でゴキブリが減るのは事実ですね。あとはムカデもゴキブリの天敵なので、見方によっては益虫と言えるかもしれません。ただ、どちらも部屋で放し飼いにするのは勇気がいる見た目だと思いますが(笑)」(有吉さん)。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」