ニュース
» 2016年07月01日 20時00分 公開

100万匹のゴキブリを飼育するG専門家たちに聞く ネットの「ブラックキャップ最強説」は本当なのか? (1/2 ページ)

アース製薬の専門家に直接聞いてきました。

[たろちん,ねとらぼ]

 暑い日が増えてきていよいよ夏到来といった雰囲気。そうなってくると気になるのが黒光りするアイツらの存在です。

ゴキブリ対策 Gたちの活動が最も活発になる時期(アース製薬)

 7〜8月はゴキブリの活動が最盛期を迎えます。そんなときに頼れるのはやはり殺虫剤などのゴキブリ対策グッズ。ゴキブリが何より苦手な筆者が、専門家にこの時期のG対策について聞いてきました。

 答えてくれたのはアース製薬で研究用のゴキブリ100万匹を飼育している有吉立さんと、そんなゴキブリを使って商品開発を行っている安台梨乃さん。経歴の時点でだいぶ壮絶そうな仕事ぶりがうかがえます……。

ゴキブリ対策ゴキブリ対策 アース製薬株式会社 課長 グリーンアドバイザー 有吉立さん(左)、アース製薬株式会社 研究部 研究員 安台梨乃さん(右)

50万匹のゴキブリを放し飼いにした飼育室

 まず「ゴキブリを飼育している」という事実が大きな驚き。アース製薬では本物のゴキブリを使って薬剤のテストなどをしており、有吉さんはそのためのゴキブリ約100万匹を管理しています。飼育ケースに分けて育てているものもいますが、約50万匹は5畳ほどのスペースに放し飼いにされているとのこと! よっぽどゴキブリが好きなのかと思いきや、実は入社するまでは人並み以上に虫が苦手だったと言います。

 「もともとゴキブリは苦手で、家で出たときは家族を呼んで退治してもらっていたくらい。虫の飼育の仕事がしたかったというわけではなく、あくまで生活のために入社したという感じでした。最初はハエや蚊の飼育を担当していたんですが、ハエのウジの臭いがすごく気持ち悪くて……しばらくはお昼ごはんが食べられなかったのを覚えています」(有吉さん)。

ゴキブリ対策 ゴキブリを飼育する通称「ゴキブリ部屋」(アース製薬公式サイトより)

 ゴキブリを担当するようになってからも手からゴキブリが登ってくるなど、思わず悲鳴をあげるような恐怖体験は多かったとのこと。ただ、有吉さんが部屋に入ったときに逃げていくゴキブリを見て「ゴキブリも人間が怖いんだ」と気付いてからは少し恐怖が薄れたそうです。なお、ゴキブリを克服する方法について聞いてみると「ケースなどにたくさんのゴキブリを入れて慣れるまでじっくり観察するといいのでは」とのことでした。絶対嫌だ。

ゴキブリ対策 【超絶閲覧注意】ゴキブリ部屋の内部の様子(アース製薬公式サイトより)(※クリックでモザイクが外れます)

 ちなみに有吉さんが育てたゴキブリはアース製薬の各営業所などに送られており、有吉さん以外の社員にも素手でゴキブリの標本を作ったりお昼ごはんを食べながら隣のゴキブリにエサをやったりする人がいます。アース製薬すげえ……。

 ゴキブリというと放っておいても増えるイメージがありますが、実は意外と飼育するのは大変なのだそう。

 「ゴキブリの飼育はとにかく温度と湿度の管理が大切。飼育室の温度は25〜28℃、湿度は40〜50%に保っています。夏の間だと1匹のゴキブリは2カ月ほどかけて約500匹分の卵を産みますが、ゴキブリコバチという天敵が卵に寄生して食べてしまうことがある。月に1万匹ほど供給しなくてはいけないため常に注意を払っています」(有吉さん)。

ゴキブリ対策 有吉さんの育てた虫たちが研究に使われています

 生命力の強いイメージのあるゴキブリですが育てるとなると結構繊細なもよう。ちなみにネット上ではゴキブリの天敵であるアシダカグモが「最強のハンター」「アシダカ軍曹」などと呼ばれて人気ですが、その点についても聞いてみました。

 「最強とはいかないかもしれませんが、アシダカグモがいる家でゴキブリが減るのは事実ですね。あとはムカデもゴキブリの天敵なので、見方によっては益虫と言えるかもしれません。ただ、どちらも部屋で放し飼いにするのは勇気がいる見た目だと思いますが(笑)」(有吉さん)。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」