ニュース
» 2016年07月01日 21時00分 公開

海外でも広がるボカロ ドイツのボカロ事情を探る(1/2 ページ)

ポップカルチャーとして受け入られるAHS、ハイカルチャー分野で注目される初音ミク。ドイツのボカロ事情を紹介します。

[Kataho,ねとらぼ]

 ドイツでは今年に入り、ベルリンで2度ボーカロイド(ボカロ)イベントが開催され、また複数の主要な新聞がボーカロイドを取り上げるということがありました。日本国内ではボカロのライブコンサートに加え、ニコニコ超会議で実施された「超歌舞伎」のような伝統文化との実験的なコラボも進んでいますが、そうしたボカロの広がりは実はドイツでも起きています。

 本稿ではAHSのライブコンサートの模様と初音ミクに関連する動向をまとめ、ドイツにおけるボカロ事情を紹介してみたいと思います。

「知名度が格段に上がった」

 ベルリンで6月3日に、「結月ゆかり」などのボーカロイドを開発販売するAHSによるコンサート「AHSボーカロイドコンサート そんらぶ! -Songs Love-」(以下「そんらぶ」)が開催されました。会場はアニメファン向けイベント「Anime Messe Berlin (アニメメッセ・ベルリン)」(主催:アニメ文化協会、6月3〜5日)、ホールには500人のファンが訪れ満員になりました。

ボカロ 「そんらぶ」の模様。会場ではライトスティックが配布されました
ボカロ アニメメッセ・ベルリンのメイン会場となった劇場ホール「Atze Musiktheater」

 「そんらぶ」は初音ミクのコンサート同様、透過スクリーンにプロジェクターで3D映像を映し出す形式で行われました。結月ゆかりや「東北ずん子」などのキャラクターがそれぞれ歌を披露し、日本から招待ゲストとして参加した声優の石黒千尋さんが「caged girl」などを歌いました。石黒さんは結月ゆかりの声を担当した人でもあります。

 コンサート後半は、結月ゆかりと石黒千尋さんとのデュエットが実現。さらに、歌い終わった後に2人が掛け合いするパートがあり、ステージを去る石黒千尋さんを惜しむ結月ゆかりの「演技」では会場からも大きなため息が漏れるなど、ハイライトのひとつとなりました。

ボカロ ボーカロイド「猫村いろは」、スクリーンに会場のライトスティックが映り込んでいます
ボカロ ボーカロイド「歌愛ユキ」のパフォーマンスでは、愛らしい動きのダンスに会場も大盛り上がりでした
ボカロ 石黒千尋さんとボーカロイド「結月ゆかり」によるデュエット

コンサートの印象は

 AHSは昨年の夏、同じドイツ語圏であるオーストリアのウィーンでコンサートを行っています(関連記事)。その時に続いて、今回も尾形友秀代表に話を聞くことができました。

 コンサートの印象について尾形代表は「会場のノリがとてもよかったです」とコメント。歌愛ユキの「かわいい」ダンスには、予想を上回る反応があったそうです。今回のコンサートは、セットリストは2月に日本で行ったライブと半分は同じで、構成はほぼ同じ。後半の石黒さんと結月ゆかりのコラボパートは、日本では泣いたり感動したりといった反応があり、ドイツでも同じだったとしています。「日本もドイツも関係ないですね」

 AHSがドイツのイベントでボカロを紹介したのは2011年が最初。その後、およそ毎年一度のペースで各地のイベントに参加しています。ドイツでの参加が続いていることについて、尾形代表は「声を掛けてもらっているからです。呼ばれたら行くというスタンスで、たまたまそれが続いているだけです。ただ、ドイツは好きな国でもあるので、個人的にもうれしいです」と話しました。「ボカロの知名度に関しては、例えば2年前(※)と比較すると格段に上がりました」(※2014年にAHSが参加したフランクフルトの日本映画祭ニッポンコネクションのことと思われます)

ボカロ 声優の石黒千尋さんとAHS社の尾形代表。石黒さん「ライブが盛り上がったのがよかったです。ライトスティックの振り方が上手だったのが印象的でした。」

 また、会場でAHSボーカロイドのコスプレをしていた2人の女性にも話を聞いてみました。ベルリンから遠く離れたハンブルクとザクセン・アンハルト州から来たという2人は、コンサートの印象について、心に響くとても素晴らしいものだったと興奮も冷めやらぬテンションで答えてくれました。ボカロ曲は2人とも5〜6年前から聞いているそう。ボカロを知るきっかけは初音ミクでしたが、新しい曲を動画サイトで探しているうちにAHSのボーカロイドにたどり着いたと話しました。

ボカロ ボーカロイド「結月ゆかり」と「miki」のコスプレで参加していたドイツのファン。「ボカロをきっかけに友達が200人くらい増えました」とのこと。
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声