ニュース
» 2016年07月08日 15時23分 公開

国交省「現在の自動運転機能は完全ではない」とドライバーに注意喚起 米国で発生した死亡事故を受け

運転手が責任を持って安全運転する必要があるとしています。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 5月に発生した「オートパイロット」機能で走行中のテスラモーターズ製の自動車による死亡事故。これについて国土交通省が、搭載されていた自動運転機能はあくまでも「運転支援技術」であり、ドライバーは責任を持って安全運転する必要がある、と注意を促しています


画像 現在の自動運転機能では、ドライバーが責任を持って運転しなければならないと注意喚起

 事故はテスラの自動車が「オートパイロット」モードで走行中に、トレーラーとぶつかったというもの。同社は空が明るく光っていたため、システムもドライバーも白い色をしたトレーラーの側面を認識できなかったとしています。このときドライバーがハリー・ポッターのDVDを見ていた可能性があるとの報道もあります。

 国土交通省によれば、事故にあった自動車には車線維持支援、自動ブレーキなどの機能が搭載されていたものの、完全な自動運転ではないため、ドライバーが周囲を監視しなければならないとしています。

 「官民ITS構想・ロードマップ2016」に記された自動走行システムの定義では、この機能は「準自動走行システム」を使用したものであり、運転責任はシステムではなく、ドライバーにあるとされています。なお、現在、実用化されているその他の自動運転機能もこの水準にあるとのこと。

 このような自動運転機能の現状について、同省、警察庁は日本自動車工業会、日本自動車輸入組合に対し、自動車を購入する人に十分説明するよう周知。また、注意喚起も行う方針です。


画像 官民ITS構想・ロードマップ2016より。現在の自動運転機能はレベル2に該当します

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」