ニュース
» 2016年07月08日 17時00分 公開

相棒の警察犬に最後のお別れ 米警察官が執筆した手紙が感動的

責任感あるワンちゃんだったんですね。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 米フロリダ州クリアウォーター市で6年間活躍した警察犬「メジャー」の安楽死によせて、パートナーだった警察官がお別れの手紙を書きました。

 メジャーは2009年からの6年間、パートナーのマイケルさんと共に街の治安維持に貢献しました。しかし2014年に体調の悪化を理由に警察犬を引退。引退後はマイケルさんの家で大切に育てられていました。訓練所時代から合わせて9年間共に過ごしてきたというマイケルさんは、メジャーが死ぬ当日、警察署のFacebookにお別れの手紙を公開。手紙では初めてメジャーに会ったときから、近年の家族とのふれあいまでがユーモアを交えつつ回想され、長年連れ立った相棒への愛情が伝わってくる内容に5800を超えるシェアが集まっています。

警察犬の元同僚に最後のお別れ マイケルさんと警察犬のメジャー

 メジャーが初対面では小さくて臆病そうに見えたというマイケルさん。しかしその第一印象は間違いで、メジャーは誰よりも忠誠心があり勇敢だったそうです。メジャーはパワフルな犬で、手紙では合同訓練で車に乗り合わせた屈強なSWAT隊員たちが下車するなり「その犬はクレイジーだ!」と、建物の隅まで逃げていったエピソードが冗談交じりに紹介されています。マイケルさんはメジャーが「クレイジー」ではなく、隊員たちが無事家に帰れるよう真剣に仕事をしていたのだと説明しています。

警察犬の元同僚に最後のお別れ 車のボンネットで休憩中のメジャー

 晩年はマイケルさんの家で飼い犬として過ごしたメジャーですが、警察犬としての使命感がなかなか抜けず、引退生活に慣れるのは大変だったようです。マイケルさんは、仕事に出かけようとすると「自分も行くぞ」とばかりにドアに駆け寄ってくるメジャーに「なんで引退させたか理解できないのは分かるけど、君を愛していたからだぜ相棒。体調を悪化させず、良い引退生活を送ってほしかったんだ」と手紙で語りかけています。手紙は最後に「僕の仕事中も妻や子どもたちを守ってくれてありがとう」「天国に行ったら警察官を探して、自分が警察犬だと申し出てくれ。また会おう……」と締めくくられています。

警察犬の元同僚に最後のお別れ いったんお別れです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  7. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」