ニュース
» 2016年07月08日 19時18分 公開

“ディズニーの夏”は今年もびしょ濡れ! 最新技術満載のショーや街中アートを一足先に見てきた警告:レインコート必須! スマホ水濡れ注意!(1/2 ページ)

ディズニーの夏がスタート! アンジェラ・アキさんのミュージカルショーも始まりますよ!

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

 2016年、「ディズニーの夏」が始まりました。既に蒸し暑い日が続いていますが、東京ディズニーリゾートではクールな夏祭りが開催されているだけでなく、話題の新ショーのスタートも。プレスプレビューの様子をリポートします。

今年も東京ディズニーリゾートにびしょ濡れの季節がやってきました

アンジェラ・アキさんがミュージカル作家として復活!

東京ディズニーシーの奥地、ちょうどインディ・ジョーンズのアトラクションの向かいにあるハンガーステージで新ショーがスタートしました

 最初のニュースは、東京ディズニーシーで2016年7月9日からスタートする屋内ミュージカルショー「アウト・オブ・シャドウランド」です。

 このショーはシンガーソングライターのアンジェラ・アキさんが2014年夏の活動休止後、初めて本格的なミュージカル音楽作家としての活動をスタートするきっかけになりました。内気でおとなしい少女が、自分の中にある勇気と想像力で不安と恐れを乗り越えるという、東京ディズニーシーオリジナルのミュージカルショーです(関連記事)。

 同じシアターで行われていた「ミスティックリズム」(2015年4月5日終了)同様、ミッキーやミニーなどのディズニーの仲間たちは一切登場しません。内容は本格的なミュージカル作品の雰囲気と、プロジェクションマッピングをはじめとする最新の演出技術が相まって、とてもファンタジックでミステリアスなものに仕上がっていました。主人公メイの心情を歌う「MOSHIKASHITE/もしかして」をはじめとする、アンジェラ・アキさんとディズニーが作った音楽も雰囲気がぴったり。東京ディズニーシーにおいては数少なくなってしまった「ディズニーキャラクターに頼らないエンターテイメント」が新たにスタートしたことは大変うれしいです。

主人公は内気な少女、メイ。トレッキングツアーでも冒険に尻込みしてしまいます
ふとしたきっかけでメイは「シャドウランド」と呼ばれる世界へ。メイがもつ「ふしぎな力」でこの世界を変えられるのでしょうか

 このショーは初回を除き抽選制です。入園したら1人につき1回だけ抽選が行え、当選したら指定席で見ることができます。抽選はスマートフォンアプリで可能です。東京ディズニーシーに来たらぜひチェックを!

ディズニーの夏といえば「びしょ濡れ!」

 そしてディズニーの夏といえば、水を使ったエネルギッシュな特別ショーでしょう。東京ディズニーシーではフルーツいっぱいでトロピカルなラテンのフェスティバル「ミニーのトロピカルスプラッシュ」が、東京ディズニーランドでは日本ならではの夏祭りをイメージし、4つのグループがそれぞれのテーマで熱い演舞を見せる「彩涼華舞」(さいりょうかぶ)が開催されています。ここ数年の「ディズニー夏祭り」をずっと見ていた方ならば、今回の熱い展開は見逃せません。

東京ディズニーランドでは「彩涼華舞」を開催。シンデレラ城前がずぶ濡れになります!
「華(はな)」のミニーマウスとデイジーダック
こちらは「雄舞(ゆうぶ)」のミッキーマウス、ドナルドダック、プルート
グーフィーとマックスの親子は「涼(りょう)」グループ
こちらは東京ディズニーシーのショー「ミニーのトロピカルスプラッシュ」。今年は前説(?)でホセ・キャリオカとパンチートが新たに登場。映画「三人の騎士」でドナルドと競演しました
もちろん主役は、カーニバルクイーンのミニーマウス、デイジーダック、そしてクラリスです
チップとデールもせっせと水まき
ドナルドと一緒に「バナナダンス」!

 東京ディズニーシーではパークエントランスすぐのハーバー全域が、そして東京ディズニーランドではパレードルートのシンデレラ城前が「ずぶ濡れ」になるほどの水がかかります。ちょっとくらい濡れるかな? ではなく、「スマートフォンが故障してもおかしくない」レベルで水がかかります。そのため、夏の東京ディズニーリゾートに行く方は「防水装備」を忘れずに! カバンの中までびしょ濡れになりますよ!

ショーだけでなく、東京ディズニーシーのお店はこんなにトロピカルな様子になっています。いろいろなフルーツが隠れてますよ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」