ニュース
» 2016年07月11日 19時22分 公開

まさに世紀末! アメリカ版ロボコンが相手をたたき壊すことに特化した異次元進化を遂げる

ベイブレード/クラッシュギア世代の血が騒ぐ……。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 米ABCで放送中のロボットバトル番組「BattleBots」の対戦風景が世紀末すぎるとTwitterなどを中心に話題となっています。

世紀末すぎるアメリカ版ロボコン 高速回転する必殺ドラム! 飛び散る火花!!

白熱の試合が全編見られる

 玉入れなどによりポイントを競うNHK版「ロボコン」とは異なり、制限時間3分以内に相手を行動不能にすればOKというシンプルすぎるルールの「BattleBots」。動画では巨大なハンマーを相手めがけて振り下ろす一撃必殺ギミック搭載の「Blacksmith」と、車体フロント部分に高速回転するドラムを取り付けた突撃マシン「Minotaur」の一騎打ちとなっています。

世紀末すぎるアメリカ版ロボコン 操縦者の目つきが殺気立っていてやばい

 開幕早々、排気口(?)から火を噴きながら先制攻撃を仕掛ける「Blacksmith」。しかし一回り小柄な「Minotaur」がそれをひらりとかわすと、1分間に1万回転という必殺ドラムで容赦無いカウンターを食らわせます。リング上では至るところにドリルやハンマーといったトラップが張り巡らされており、相手をそこに押し込められれば大ダメージ間違いなし。両者一進一退の攻防が続きますが、試合中盤、「Blacksmith」はバランスを崩され、そのまま最大の武器であるハンマーを壊されてしまいます。ここぞとばかりに「Minotaur」による追撃が続き、最後は「Blacksmith」のエンジンが炎上して完全決着。アナウンサーのおじさんも飛び跳ねる勢いで大喜びです。

世紀末すぎるアメリカ版ロボコン ハンマーが壊れたのを見て大はしゃぎのアナウンサー

世紀末すぎるアメリカ版ロボコン ボコボコに破壊された「Blacksmith」……

 「BattleBots」はもともと、1998年から放送されていたイギリスのテレビ番組「Robot Wars」のアメリカ版として2000年から放送が始まったもの。2002年にいったん放送が終了しましたが、2015年にリブート版が放送開始となり、現在はリブート版の第2シーズンが放送中です。トーナメントに参加しているロボットは全32体で、現在ベスト16進出をかけた第1試合が進行中。参加マシンは全身のカッターでベイブレードのように体当たりするものや、ひたすらオノを振り下ろすものなど、どれも独創的でまるで勝敗の予想ができないのも見どころの1つ。試合は日本からもABCのYouTube公式チャンネルで観戦することが可能です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン