ニュース
» 2016年07月13日 18時10分 公開

ゴジラ、ナンジャタウンに襲来! ゴジラを撃退する体験型ARアトラクション初お披露目

「ゴジラ」フットのフォトスポットも登場!

[Kikka,ねとらぼ]

 池袋・ナンジャタウンで、7月15日〜9月25日まで「『シン・ゴジラ対ナンジャタウン』〜ゴジラ、ナンジャタウンに襲来!〜」が開催されるのに先駆け、ゴジラシリーズ初の体験型ARアトラクションが11日にお披露目されました。


ゴジラVR ゴジラシリーズ初のARゲーム「ゴジラアタック 出撃! G-FORCE」

 「ゴジラアタック 出撃! G-FORCE」(パスポートまたは1回1000円)は、迫りくるゴジラを撃退する体験型AR(拡張現実)アトラクション。プレイヤーは対ゴジラ兵器「メーサーブラスター」の開発テストに選ばれたという設定で、ヘッドマウントディスプレイとアームセンサーを使ってゴジラを追い詰めます。


ゴジラAR 入口の看板からすでにかっこいい

ゴジラAR 対ゴジラ兵器を開発する博士から、ヘッドマウントディスプレイを渡される

ゴジラAR 装着すると、景色+バーチャル画面が広がる

ゴジラAR 攻撃のかなめ「メーサーブラスター」は手首に装着

ゴジラAR ゴジラ撃退の準備完了!

 パンチの要領でこぶしを繰り出すと、ゴジラに向けてビームが発射されます。モーション認識とAR技術が結集したアトラクションとなっており、プレイヤーは「キャー」や「やられる!」などの声をあげながらゲームの世界に夢中になっていました。


ゴジラAR 体験者に見える画面のイメージ

ゴジラAR ゴジラ襲来を知らせるサイレン

ゴジラAR ゴジラの攻撃を避けながら

ゴジラAR 立ち向かっていく! 大人もかなり夢中

 現れるゴジラは平成ゴジラをモチーフとしたもので、ゴツゴツとした質感やドッシドッシと歩くさまなど、かなりリアルに表現されていました。ゴジラを撃退するパターンと、バッドエンドの2パターンのエンディングが用意されているので、複数回遊んでみても楽しめそうです。


ゴジラAR ゴジラをモチーフにしたフードメニューも登場

 また期間中はゴジラをイメージしたフードメニューが登場。「シン・ゴジラ」をモチーフにしたデザート「ナンジャタウンに襲来!シン・ゴジラ アイス」はゴマ風味とフランボワーズのアイスクリームでゴジラカラーを表現。アイスに添えられたシン・ゴジラのチョコレートはすべて手作りとのことで、食べるのがもったいないほどのクオリティ!


ゴジラAR 「ナンジャタウンに襲来!シン・ゴジラ アイス」、750円(税込)

ゴジラAR ゴジラの足をイメージした「食べ尽くせ!ゴジラフット 餃子」860円(税込)

ゴジラAR サクサクしたメレンゲがアクセントの「インファント島からやってきた!モスラ コルネパイ」830円(税込)

ゴジラAR コーンで作られた電波塔もウマい「電波塔破壊の危機! モスラ襲撃パリパリクレープ」900円(税込)

ゴジラAR すべて食べられる素材で作られた「メカ・ゴジラのメガバスター トルティーヤ」800円(税込)

ゴジラAR 羽を薄焼き卵とマスタードでリアルに再現した「最強! キングギドラの黄金の餃子カレーピラフ」880円(税込)

 さらに期間中しか手に入らない、ナンジャタウンのキャラクターとゴジラがコラボレーションしたグッズも販売されます。


ゴジラAR ゴジラ×ナジャヴ、メカゴジラ×モジャヴのコラボがかわいい「アクリルキーホルダー」全3種:880円(税込)

ゴジラAR 「シン・ゴジラ×ナンジャタウン マグネットクリップ」全10種:500円(税込)

ゴジラAR 「シン・ゴジラ手帳型スマホカバー」3500円(税込)。「シン・ゴジラモバイル充電器」5000円(税込)

ゴジラAR 「シン・ゴジラ JAPAN Tシャツ(M/L/XL)」各サイズ3240円(税込み)

 また、今回のイベントを記念してサンシャインシティ・アルパ1階には、高さ約2.3メートル、直径約4.8メートルの「ゴジラ巨大足像」フォトスポットが期間限定で出現。買い物客らが写真を撮るなど、大きな注目を集めていました。


ゴジラAR ゴジラに踏みつぶされたような写真が撮影可能なフォトスポット

 期間中の土日祝日(8月11日を除く)12〜14時限定で、ゴジラの足の下に入ることが可能となり「ゴジラに踏みつぶされそうな写真」を撮影することもできます(専任スタッフの案内が必要です)。


ゴジラAR 迫力満点のゴジラの足

ゴジラAR 天井部分も作りこまれている

ゴジラAR ツメの質感もかなりリアル

 「『シン・ゴジラ対ナンジャタウン』〜ゴジラ、ナンジャタウンに襲来!〜」は7月15日〜9月25日まで、「フォトスポット」イベントは7月11日〜9月25日までサンシャインシティ内で開催中です。くわしくはWebサイトをご覧ください。


(Kikka)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた