ニュース
» 2016年07月13日 12時49分 公開

選挙ポスターってつまらないじゃないですか―― 謎の猫推しで話題の選挙ポスター、本人にその意図を聞いた

斬新な選挙ポスターで大きな話題となりました。

[イッコウ,ねとらぼ]

 選挙ポスターは候補者の顔と名前が大きく配置されているもの……そんなセオリーから大きく外れ、自身の顔ではなく猫を大きく配置した“島さとし”さんの選挙ポスターが選挙期間中から話題となっていました。一見するとどちらが候補者なのか分からない。


しまさとしさん なんじゃこりゃ!

 青い空と緑を背景に、デカデカとポスターの中心に配置されている真っ白な猫「島にゃん」と、その横に控えめに配置された満面の笑みをうかべる島さん。そしてその下には「帰ってきた 島さとし」とウルトラマン風候補者名も。一体なぜこんなことに。

 島さとしさんに話を聞いたところ、このポスターは選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを受け、「面白い選挙ポスターを作りたい」との思いで考案したもの。自身も猫を飼っていることや、ソフトバンク社長室長を務めた経験から“お父さん犬”を意識した白い猫を採用することにしたそうです。


しまさとしさん もふもふである

 当初、猫は島さんの横に小さく配置される予定でしたが、仮ポスターを非常勤講師を務める東洋大学の学生に見せたところ、「むしろ猫の方を大きく配置したほうがいいのでは」との意見があがったことを受け、猫と島さんの大きさを逆にすることに。この選挙ポスターは選挙活動中も好評で、島さんは「猫のおかげで2000から3000票くらいは集まったのではないか」と語っています。

 残念ながら落選してしまった島さんは「過去には衆議院議員もやったので、今回の選挙で一区切り。今後は政治にこだわらず若い人たちと関わるような仕事をしたい」とコメント。選挙のため休職していた多摩大学の客員教授にも復帰し、「最初の講義は今回の選挙ポスターのことをやりたい」と語っていました。

画像提供: 島さとし(@satoshi_shima)さん


関連キーワード

選挙 | | ポスター | 学生 | 国会


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン