ニュース
» 2016年07月13日 12時49分 公開

選挙ポスターってつまらないじゃないですか―― 謎の猫推しで話題の選挙ポスター、本人にその意図を聞いた

斬新な選挙ポスターで大きな話題となりました。

[イッコウ,ねとらぼ]

 選挙ポスターは候補者の顔と名前が大きく配置されているもの……そんなセオリーから大きく外れ、自身の顔ではなく猫を大きく配置した“島さとし”さんの選挙ポスターが選挙期間中から話題となっていました。一見するとどちらが候補者なのか分からない。


しまさとしさん なんじゃこりゃ!

 青い空と緑を背景に、デカデカとポスターの中心に配置されている真っ白な猫「島にゃん」と、その横に控えめに配置された満面の笑みをうかべる島さん。そしてその下には「帰ってきた 島さとし」とウルトラマン風候補者名も。一体なぜこんなことに。

 島さとしさんに話を聞いたところ、このポスターは選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを受け、「面白い選挙ポスターを作りたい」との思いで考案したもの。自身も猫を飼っていることや、ソフトバンク社長室長を務めた経験から“お父さん犬”を意識した白い猫を採用することにしたそうです。


しまさとしさん もふもふである

 当初、猫は島さんの横に小さく配置される予定でしたが、仮ポスターを非常勤講師を務める東洋大学の学生に見せたところ、「むしろ猫の方を大きく配置したほうがいいのでは」との意見があがったことを受け、猫と島さんの大きさを逆にすることに。この選挙ポスターは選挙活動中も好評で、島さんは「猫のおかげで2000から3000票くらいは集まったのではないか」と語っています。

 残念ながら落選してしまった島さんは「過去には衆議院議員もやったので、今回の選挙で一区切り。今後は政治にこだわらず若い人たちと関わるような仕事をしたい」とコメント。選挙のため休職していた多摩大学の客員教授にも復帰し、「最初の講義は今回の選挙ポスターのことをやりたい」と語っていました。

画像提供: 島さとし(@satoshi_shima)さん


関連キーワード

選挙 | | ポスター | 学生 | 国会


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声