ニュース
» 2016年07月14日 21時00分 公開

ショッピングセンターの警備ロボットが子どもにけが負わせる 開発元の米国企業が謝罪

「ロボットがアシモフの三原則を破ったかもしれない」と伝える記事も。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 警備ロボット「Knightscope K5」が、ショッピングセンターで子どもとぶつかってけがを負わせる事故が発生。開発元の米Knightscopeが謝罪を発表しました。


画像 右のロボットが「Knightscope K5」。Knightscope社の公式サイトより

 事故が起こったのは、7月7日14時半頃(太平洋夏時間)。保護者はメディアに対し、ロボットとぶつかって子どもが転んだが、ロボットは止まらず動き続けた」と話しています。Knightscopeは、子どもがロボットに向かって走ってきたため、ロボットは方向転換してよけようとしたがぶつかったと説明。ロボットは停止し、子どもは転倒。保護者が子どもを助け、道が空いたため、ロボットはパトロールを再開したとしています。子どもは足に擦り傷、打撲を負いました。

 Knightscopeによると、「Knightscope K5」はこれまでに時速1マイル(1.6キロメートル)で、2万5000マイル、3万5000時間以上の運転経験があり、事故の報告はなかったとのこと。約30個のセンサーを搭載し、1インチ〜300フィートまでの周囲環境を感知することができます。同社は被害にあった家族に謝罪するとともに、ロボットの改良のために話を聞かせてもらうつもりだとしています。

 今回の事故を伝える一部の記事には、「ロボットは人間を傷つけてはならない」とするSF作家アイザック・アシモフが提唱したロボット三原則に言及して「ロボットがアシモフの三原則を破ったかもしれない」といったタイトルも見られます。


画像 これだけの実績があっても、事故は起きるんですね

Knightscope社による「Knightscope K5」の紹介動画

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」