ニュース
» 2016年07月15日 23時10分 公開

日本酒をキャラ化! オルトプラスが新プロジェクトを発表 松本零士、 美樹本晴彦、ヤスダスズヒトらが参加

日本酒飲みたくなっちゃた。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 日本酒をキャラクター化して日本酒文化の発展をめざす、日本酒キャラクター化プロジェクト「ShuShu」が誕生しました。

 企画したのは、ソーシャルゲームの企画・開発を行うオルトプラス(東京都渋谷区)。誕生したキャラクターは、蔵元の日本酒販促プロモーションに使われる他、将来的にはキャラクターを使ったゲームの開発などを目指すとのこと。

日本酒キャラクター化プロジェクト「ShuShu」 日本酒キャラクター化プロジェクト「ShuShu」

 参加している作家さんは、松本零士氏、美樹本晴彦氏などのベテランから、「デュラララ」のイラストを担当するヤスダスズヒト氏など、バラエティに富んだ顔ぶれ。萌えキャラだけでなく、幅広い年代が楽しめるキャラクターデザインになっています。

 各キャラクターにはそれぞれ設定があります。例えば、松本零士氏がデザインした田酒泉心(たさか せんしん)は、青森県青森市油川にある西田酒造店の「特別純米酒 田酒」のキャラクター。年齢は138歳で、好きな食べ物はホタテの刺身、赤身の刺身だそう。その他のキャラも日本酒の個性を生かしたものになっています。

日本酒キャラクター化プロジェクト「ShuShu」 松本零士氏デザイン 青森県青森市油川・株式会社西田酒造店「特別純米酒 田酒」キャラクター 田酒泉心(たさか せんしん)
日本酒キャラクター化プロジェクト「ShuShu」 美樹本晴彦氏デザイン 茨城県水戸市・明利酒類株式会社「特別本醸造生貯蔵酒 副将軍」キャラクター 明利(あかり)
日本酒キャラクター化プロジェクト「ShuShu」 ヤスダスズヒト氏デザイン 新潟県妙高市・妙高酒造株式会社「特別純米 妙高山」キャラクター 高山 妙(たかやま たえ)
日本酒キャラクター化プロジェクト「ShuShu」 月神るな氏デザイン 徳島県徳島市・有限会社斎藤酒造場「御殿桜 純米吟醸」キャラクター 小桜 夢々(こざくら ゆゆ)
日本酒キャラクター化プロジェクト「ShuShu」 藤堂裕氏デザイン 岐阜県美濃加茂市・御代桜醸造株式会社「御代櫻 醇辛純米酒」キャラクター ハクエイ
日本酒キャラクター化プロジェクト「ShuShu」 jitari氏デザイン 高知県高岡郡・司牡丹酒造株式会社「司牡丹・船中八策」キャラクター 八策(やさく)

 細かい設定は、このプロジェクトのキャラクターを紹介するサイト「にっぽん酒ものがたり」で見ることができます。

日本酒キャラクター化プロジェクト「ShuShu」 にっぽん酒ものがたり

 日本酒キャラクター化プロジェクト「ShuShu」は、現在30以上の蔵元と提携しており、いずれは各都道府県にキャラが存在するのが目標とのこと。好きなキャラクターから日本酒を選んでみたり、そのお酒の歴史や成り立ちを調べつつ飲むのも楽しそうです。

参加している作家さん(五十音順):ささきむつみ氏、さんば挿氏、jitari氏、月神るな氏、藤堂裕氏、富沢和雄氏、松本零士氏、美樹本晴彦氏、ヤスダスズヒト氏



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」