ニュース
» 2016年07月16日 11時30分 公開

ウインクするだけですぐ撮影 メガネに付けるウェアラブルカメラがクラウドファンディングで先行発売中

すでに目標金額を超え、556%達成しています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ウインクすると撮影できるウェアラブルカメラ「BLINCAM」が、クラウドファンディングサイトMakuakeにて先行販売を開始しています。7月15日(残り75日)時点で既に目標金額の100万円を達成し、556万2000円が集まる人気となっています。


動画が取得できませんでした
Blincam (ブリンカム)ムービー ショートバージョン

ウェアラブルカメラ BLINCAM クラウドファンディング ウインクでパシャリ!

 「BLINCAM」は、メガネの片方のテンプル(耳にかける部分)に装着し、そちら側の目でウインクをすれば瞬時に撮影ができます。ウインクは、搭載された特許出願中の“ウインクセンサー”が約90%以上の正確さで検知。精度は発売までにさらに上げるとのことです。撮影したかどうかはシャッター音で分かります。

 撮影した写真はBluetooth経由でスマホにダウンロード。すぐにオリジナルのスマホアプリで確認でき、アップロードや削除ができます。


ウェアラブルカメラ BLINCAM クラウドファンディング 両手がふさがっていても問題なし

ウェアラブルカメラ BLINCAM クラウドファンディング 実際に目で見つつ、そのまま写真も撮れる

 重さは25グラムと軽く、大きさも少し長めのUSBメモリくらいと小さめです。また、撮影は大体4時間ほどは快適にでき、ウインクが苦手な人は両目を強めに閉じることで撮影ができるということです。カメラは500万画素、ブレ補正機能なし、固定フォーカス、さらにビデオ撮影やウインク以外での撮影はできません。

 カラーはスリムホワイト、ボールドブラック、スカイブルー、ファッションピンク、ライムグリーンの5色展開。


ウェアラブルカメラ BLINCAM クラウドファンディング シンプルな見た目

 支援のコースは現在売り切れたものを除くと、定額の10%オフでBLINCAMが手に入る1万8000円コース、Makuake限定デザインの2万3000円コースなどがあります。出荷は2016年12月の見込み。また、BLINCAMはメガネが必須なので、度なしの限定メガネがセットになった2万5000円コース(全て税込)も用意されています。

(宮原れい)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」