ニュース
» 2016年07月18日 17時43分 公開

トランプ氏が「ポケモンGO」のパロディ動画 モンスターボールでヒラリー氏をゲットする

大流行中の「ポケモンGO」にトランプ氏も便乗。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 米国でも大ヒット中のゲーム「ポケモンGO」。11月の米大統領選に出馬するドナルド・トランプ氏は7月15日(日本時間)、最大のライバル候補となるヒラリー・クリントン氏をモンスターボールで捕まえるという「ポケモンGO」のパロディ動画を自身の公式Facebookページに投稿しました。

 動画には「CROOKED HILLARY NO!(いんちきヒラリーはダメ!)」の文字が「POKEMON GO」のロゴそっくりに描かれています。スマホ内では草原にヒラリー氏が立っていて、モンスターボールを投げるとあっさりゲット。そしてポケモン図鑑のようにヒラリー氏のデータが表示されるのですが、タイプは「career politician」(政治以外に専門経験を持ったことがない政治家を侮蔑するときの言葉)、説明には「米国民にウソをついたり、システムを不正操作したり、極秘事項を電子メールで共有したりするところが発見されます」と、トランプ氏らしく皮肉たっぷりの内容です。

ドナルド・トランプドナルド・トランプ ヒラリー氏をゲットするトランプ氏

 投稿は「いいね!」が約23万件(「ひどいね」は約1100件)、コメントが約5.2万件付けられるなど大きく注目を集めているもよう。ちなみに13日にはイスラエルのルーベン・リブリン大統領が官邸内でニャースを発見したというプレイ画面を投稿して話題になっていました(関連記事)。各国の政界の要人が流行に乗っかる姿に、ポケモンGOの社会への影響力の大きさがあらためてうかがえます。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた