ニュース
» 2016年07月19日 17時18分 公開

伝説ポケモン居るかも ニュージーランド観光局が「ポケモンGOでレアポケモンに遭遇しそうな絶景スポット」を公開

ホントに遭遇したら感動。

[ねとらぼ]

 世界的に大流行中の「ポケモンGO」に関連して、ニュージーランド政府観光局が公式サイト上に「レアなポケモンたちと遭遇するかもしれない!? 絶景スポット」を紹介しています。あくまでも“遭遇しそう”ということなのですが、確かにポケモンが出てきてもおかしくないような絶景スポットがそろっています、行ってみたい。


ニュージーランドにポケモンいそう 「ホビット村」の様子、ドアの影にピカチュウが(撮影・Alistair Guthrie)

 紹介されているのは“ロード・オブ・ザ・リング”のロケ地としても使用された「ホビット村」、自然に繰り抜かれた岩窟が特徴的な「カセドラル・コーブ」、ニュージーランド国内で最も小さい国立公園でありながらもカヤックやシュノーケルが楽しめる「アベル・タスマン国立公園」、ニュージーランドの最高峰「アオラキマウントクック」、ペンギンなど野生動物たちの姿を見ることができる「オタゴの海岸沿いのナゲット・ポイント」の5カ所。公式サイトで公開されているイメージ画像には、全てピカチュウが潜んでいてかわいい。


ニュージーランドにポケモンいそう 幻想的な岩窟「カセドラル・コーブ」、波打ち際にピカチュウが(撮影・Legend Photography)

ニュージーランドにポケモンいそう 「アベル・タスマン国立公園」では木の上にピカチュウが(撮影・Alistair Guthrie)

ニュージーランドにポケモンいそう レックウザがいそうな「アオラキマウントクック」(撮影・Vaughn Brookfield)

ニュージーランドにポケモンいそう こちらは「オタゴの海岸沿いのナゲット・ポイント」、ピカチュウがちょっと大き過ぎるような?(撮影・Miles Holden)

 映画のロケ地にもなった場所や、ポケモンの世界さながらの大自然が楽しめる場所など、政府スタッフが厳選したというだけあって迫力のある場所ばかり。ポケモンGOにあやかって紹介されているとはいえ、足を運んで本当にポケモンがいたら少し感動してしまうかも?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10