ニュース
» 2016年07月19日 20時20分 公開

「猫の写真を撮るときにフラッシュを使わないで」 失明の危険性を訴えた注意喚起が話題に

敷地内の飼い猫をフラッシュ撮影され失明する猫が出てしまったとのこと。

[たろちん,ねとらぼ]

 Twitterユーザーのヤク物(@nezikure)さんが、「動物の写真を撮る時にフラッシュを焚かないで」と注意喚起したツイートが大きな話題になっています。ヤク物さんは敷地内の飼い猫を観光客に無断でフラッシュ撮影され、その猫が失明してしまったと強く注意を訴えています。

 きっかけは養鶏を営むヤク物さんの実家で起こった事件。ある観光客が無許可で敷地内に入り、大きなカメラ機材でフラッシュをたいて猫たちの写真を撮っていたそうです。近隣の住民に注意されたものの「撮影が趣味」「別にいいだろ」などと反論したため、警察を呼ぶ事態に発展。その周囲で、脚で必死に「額を拭う様な動き」を繰り返して鳴いている飼い猫が発見されました。

 病院に連れていくと猫が目が見えていない状態になっていることが判明。動物園や水族館などでも多くは「フラッシュ撮影禁止」となっていますが、特に夜行性の動物である猫などは弱い光を多く取り込める目を持っており、フラッシュの光を当てると失明する危険があるとされています。この猫は回復の見込みが全く無いわけではないがほぼ元通りにはならないとのことで、ヤク物さんは注意と同時に強い怒りもあらわにしています。

猫フラッシュ撮影失明 強い光に弱いのが猫の目

 ツイートは大きな議論を呼び、ヤク物さんは複数の動物病院などにも相談したそう。カメラのフラッシュが原因で失明にまで至るのは非常に珍しいケースですが、原理的にありえないことではないそう。また、フラッシュが恐怖や苦痛など猫に強いストレスを与えることは確かで、今回は猫が高齢だったこともあり、高血圧などもともと持っている症状に、フラッシュによる興奮が引き金となって急性の網膜剥離を起こした、といった可能性も考えられるそうです。

 特に視覚が発達していない子猫や、暗闇にいて瞳孔が開いている状態の猫にフラッシュの強い光を当てるのは危険なため、くれぐれも注意が必要。どうしても暗い場所で猫を撮影したい場合は、猫に直接光を当てないよう間接的な照明を使用したり、カメラの設定などで調整するようにしてください。

猫フラッシュ撮影失明 猫の安全を考えた写真撮影を

たろちん

関連キーワード

| 動物 | Twitter | 写真 | カメラ | 注意喚起


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」