炎天下で行列、売り切れ続出……宮崎県の食フェスに批判殺到 実行委が謝罪

炎天下に長蛇の列ができ、料理は売り切れ続出。無事入場できても、数品しか食べられなかったとの報告も。

» 2016年07月19日 20時29分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]

 7月17日に宮崎県宮崎市で、屋外イベント「食フェスふるまい!宮崎」が催され、多くの人が訪れました。しかし、炎天下で行列に並ぶこととなった来場者が熱中症になったり、十分な量の食事がふるまわれなかっりといった報告があり、批判の声が多く上がりました。イベントの公式Facebookに批判が殺到したことを受けて、18日に実行委員会が謝罪文を公開。「イベント運営の数々の不手際でお客様にご迷惑をおかけしてしまった」ことを詫びています。


公式 イベントの公式サイト

謝罪文 実行委員会からの謝罪文

 イベントの内容は、大人4500円(前売り3500円)の入場料で、100種類以上の九州名物を、食べ放題で楽しめるというもの。ヒーローショーや、芸能人ゲストによるライブも用意と、魅力的なふれこみでした。ではなぜ、今回のような問題が起きてしまったのでしょう。


会場マップ 会場マップ。100以上の出店を、自由に食べ歩きできるという催しだった

 イベントで発生した諸問題は、公式Facebookのレビューページに寄せられた批判によって浮き彫りにされています。まず、開催前の6月22日時点で、料理の供給量や炎天下の場合の対応を心配する問い合わせが投稿されていました。これに対し、運営側はテント席を約1000席用意し、料理の食数も計算のうえ用意すると態勢を説明していましたが、実際はすべて対応し切れていなかったようです。

 そしてイベント当日は、地元紙によると約1万人が来場。会場のキャパシティを大きく超える数字だったようです。入場口には長蛇の列ができ、来場者は炎天下で1時間ほど待たされることに。同イベントは飲食物持ち込み禁止ゆえ、飲み物を用意した人は少なく、行列待ちの間に熱中症にかかる人が続出したという報告が上がっています。飲み水の十分な提供や、救急車を待機させておくなどの対策もなかったそうです。

 無事入場できても、各店舗でまた大行列が。料理や飲み物は開始後3時間程度で売り切れが続出し、食べ放題のイベントにもかかわらず、満足に食事ができない事態になってしまいます。ほかにも、舞台イベントにドクターストップがかかったり、お年寄りや幼児への配慮もなかったりとさまざまな問題が発生。「地獄絵図」「二度と来ない」「お金返して」など、辛らつなレビュー投稿が集まっています。

 実行委員会は寄せられた意見に対し謝罪したうえで、ネット上の誇張と事実とで、情報の錯綜があるとコメント。明確な根拠のもとに算出した資料を近日公表するとし、それまではSNSの運用を停止すると発表しています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評