ニュース
» 2016年07月20日 09時30分 公開

外国人の要望から生まれた「チーズそば」(旧名「インターナショナルそば」)を食べてきた

斬新なメニューが続々登場

[伊佐治龍/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 先日、日本橋を歩いていると、ある一軒の奇妙なそば屋を発見した。その名も「よもだそば」。


チーズそば

 ちょうど昼時、店舗の入り口にサラリーマンが吸い込まれては吐き出されている。ちらりと中をのぞくと立ち食いスタイルのようだ。


チーズそば

 店の中に入り、券売機にお金を入れ、メニューを確認する。すると、気になるメニューが目に飛び込んできた。

「チーズそば(370円)」。

 単品メニューの一番入り口側の目立つ位置に、そして定番メニューの「わかめそば」よりも上に位置している……。名物なのだろうか?


チーズそば

 さすがに「そばに、チーズはないわぁ〜」と思ったものの、味がどうしても気になる。「チーズそば」を堂々上位に君臨させている何らかの理由があるに違いないからだ。一般的に不人気メニューのボタン位置を券売機の上位にはもってこないだろう。よし、これも何かの縁だ!

 出てきた食券を握りしめ、混み合う店の奥へと入っていく。食券を店員さんに手渡すと、「はいっ、チーズそばっ!」と威勢の良い声がこだまする。一体どんなそばが出てくるのか? ドキドキしながらほんの数分待つと、待望の「チーズそば」が登場した。


チーズそば

 ……本当にチーズが入っている! しかもたっぷり! 

 天かすも大量で、ほぼ一面を覆っている。こんなそばは初めてだ。果たして味はどうなのだろうか?


チーズそば

 そばを持ち上げてみると、チーズがしっかりと絡んでいる。期待と不安を織り交ぜながら、ゆっくりと口に運ぶ。

 ……っ! うまい! チーズのコクとそばの味わいが全然ケンカしない。これは意外だ! しかもつゆがマイルドな味わいに変化して良い感じ。また、トロトロになった天かすの食感が、とろけたチーズと調和してうまさがプラスされている! それでも全体的には洋風というより、「そば」としてしっかりと成立した一品といった感じだった。なんとも不思議な感覚だ。

 なぜ、この「チーズそば」が誕生したのだろうか。店員さんに聞いてみたところ、特別なことをしているわけではなく、かけそばにとろけるチーズをのせているだけだという。そしてこの斬新なアイデアは、外国人の要望から生まれ、以前は「インターナショナルそば」という名で販売していたようだ。それでも「そばにチーズを入れてほしい」と聞いたときは戸惑いがあったという。しかし実際に作って食べてみると、その絶妙な味わいに箸が止まらなかったそう。さらに“外国人が考え出したそば”という今までにない視点も気に入って、メニューに採用。常識にとらわれない柔軟な考え方があってこその逸品だったのだ。

 筆者が話を聞いている最中も、どんどんお客さんが入ってきている。けれども「チーズそば」の注文はない様子。実際のところ、日本人からの評判を訪ねてみると、女性からの支持が熱いと教えてくれた。

 さらに話を聞いてみると、「チーズそば」の成功により「スクランブルエッグそば」や「エビチリそば」というメニューが「インターナショナルそば」として販売されていたという。名前を聞いても、味の想像ができないところがそそられるのだが、全てのメニューが日本人にも好まれるわけではなかったようで、現在は「インターナショナルそば」自体がお休み中だ。

 今は「週替わりそば」というメニューで、毎週新しいメニューが登場しているそう。そこでは、外国人だけでなく日本人でも良いアイデアがあれば、メニューに採用されるとのこと。


チーズそば 過去にはこんなメニューもあった

 この日は、チーズそばにしか注目できなかったが、後日調べてみると「よもだそば」の魅力はこれだけではなかった。天ぷらなどに使用する具材は、無農薬・無化学肥料栽培で野菜を育てている東北牧場から直送するこだわり。フキノトウやタラの芽、山ウド、よもぎなど、普通の店ではなかなかお目にかかれない季節の食材を楽しむことができるのだ。

 また、食材へのこだわりをもちながら価格を値上げしない努力も行っている。だからこそ、一日に700〜800杯という驚異的な数をさばく人気店となっているのだろう。さらに現在、新しい取り組みとして、ラーメンの麺を日本そばのおつゆで楽しむ「ラそば」が始まっているとのこと。これからも、どんなそばが「よもだそば」から飛び出してくるのか、ますます目が離せない。

(伊佐治龍/LOCOMO&COMO)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」