ニュース
» 2016年07月24日 11時00分 公開

空中から地雷を探索し爆破 人命を危険にさらさず地雷を除去するドローンが開発される

既存の手法より20倍速く、コストも200分の1。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 地雷除去用のドローン「Mine Kafon Drone(以下MKD)」が、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場しました。開発者のMassoud Hassaniさんによると、既存の手法より20倍の効率を誇り、コストも200分の1。10年未満で世界中の全地雷を除去すると意気込んでいます。


MKD MKDの試験飛行(画像はKickstarterより)

クラウドファンディング Kickstarterでのクラウドファンディング

 MKDは専用アプリと連動して動き、3段階のプロセスで地雷を除去します。まず高空を飛行し、危険な領域を特定。次に金属探知アームを装着後、地表4センチ上空を飛んで探索し、地雷の位置をさらに絞り込みます。最後にマニピュレーターを装備して、地雷上に起爆装置を設置し爆破。人間は近づくことなく、安全に地雷を除去できます。


3プロセス 段階ごとに装備を変更して地雷除去へ臨む(画像はKickstarterより)

探索 高空から危険地域にアタリを付ける(画像はKickstarterより)

探知 低空飛行で地雷を探知し、正確な位置を特定(画像はKickstarterより)

除去 地雷の敷設点に起爆装置を置き、爆破する(画像はKickstarterより)

 過去の戦争で敷設された地雷は60カ国以上に残存しており、毎日約10人がその犠牲になっているといわれています。Massoud Hassaniさんは幼少期をアフガニスタンで過ごし、その現状を体験。2012年にも低コストで地雷を除去できる装置「Mine Kafon」を開発し、Kickstarterを利用して実現させています。


MK MKDの前段階で開発された「Mine Kafon」。風を受けて転がり、地雷を踏んで爆破するシンプルな装置(画像は公式ブログより)

 出資は5ユーロ(約600円)から受け付け。950ユーロ(約11万円)で実機の組み立てキット、7000ユーロ(83万円)で研究所におけるワークショップが提供されます。調達した資金は、予備研究費にあてられるそうです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響