ニュース
» 2016年07月24日 17時30分 公開

ミシェル・オバマ大統領夫人がカラオケを披露! そのノリの良さが話題に

さすが庶民派ファーストレディー。

[k村,ねとらぼ]

 米放送局CBSで人気のトークショー「The Late Late Show with James Corden(ザ・レイトレイトショー ウィズ ジェームズコーデン)」の大人気コーナー、「Car Pool Karaoke(カープールカラオケ)」に、オバマ大統領の奥様、ミシェル・オバマが出演し話題となっています。YouTubeに投稿された公式動画は再生1000万回を突破しました。


超大盛り上がり

 「Car Pool Karaoke(カープールカラオケ)」は、ジェームズ・コーデンが運転する車に大物歌手やセレブが同乗し、車の中でカラオケを思い切り楽しむコーナー。

 これまでアデルやジャスティンビーバー、マライアキャリー、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ワンダイレクションなど日本でもおなじみのそうそうたるアーティスト達が出演し話題になってきたこのコーナー。アーティスト自身の曲を歌うだけでなく、他アーティストのお気に入り曲を熱唱するなど、有名人の素顔が垣間見えるコーナーとして人気を博しています。


ALT ミシェル・オバマの登場にびっくり

ALT スティーヴィー・ワンダーを気持ちよさそうに歌っています

 2人は冒頭から、スティーヴィー・ワンダーの曲を熱唱。ミシェル・オバマが「地球上にあるスティーヴィー・ワンダーの全ての曲が大好きよ!」と話すなど、ノリノリでコーナーが始まります。

 途中、「(オバマ大統領の任期が終了したら)ホワイトハウスの何が恋しくなる? 24時間のルームサービスとか?」など、コメディアンであるジェームズ・コーデンらしい冗談に気さくに答えつつ、ビヨンセの「Single Ladies」へ。振り付け付きで歌う姿はファーストレディとは思えないノリの良さです。


ALT オッオッオッーオッオッオッーオッオッオーッオッオッオーー

ALT めっちゃ楽しそうだな

 ミシェル・オバマが立ち上げた、発展途上国の女子教育を振興するプロジェクト「Let Girls Learn」(女子に教育を)について紹介したところで、このプロジェクトのチャリティソングとしてリリースした「This Is For My Girls」がスタート。ケリー・クラークソンやgleeのリア・ミシェル、ミッシー・エリオットら豪華歌手陣が参加したこの歌をこれまたノリノリで歌っているところに、サプライズゲストとしてミッシー・エリオットが登場します!


ALT ファーストレディ&超カリスマラッパー&大人気司会者というものすごい顔ぶれ

 プロのコメディアンとラッパーのテンションの高さにも全く引かず、それに劣らないノリの良さを見せつけた、ミシェル・オバマ。

 YouTubeのコメント欄には「彼女はなんて気さくなファーストレディなんだ!」「ドナルド・トランプ夫人にこんな事ができるか?いやできないだろうね」「前回の出演者、セレーナゴメスより歌がうまいじゃん(笑)」など、多くの称賛の声が集まっています。

 貧しい街出身で、庶民感覚を忘れないところが国民から支持されたファーストレディ。スマートかつ気さくで温かいその人柄が濃縮された動画となっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」