ニュース
» 2016年07月27日 14時44分 公開

料理が捗る! 芽が出ず有毒物質も少ない便利なじゃがいも誕生 理研ら研究チーム

遺伝子組み換えによって作ることができることが明らかに。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 理化学研究所、大阪大学、神戸大学の共同研究チームが、じゃがいもの遺伝子を組み換えることにより、芽などに含まれる有毒物質、SGA(ステロイドグリコアルカロイド)の生成を抑える方法を発見したことを発表しました。


画像 コレステロールからSGAが生合成されるメカニズムを発見。PGA1、PGA2という遺伝子が関わっています

 SGAは食中毒を引き起こす有害物質で、代表的なものはソラニン、チャコニン。じゃがいもにはこれらを緑化した皮、芽に高濃度で蓄積する性質があります。少量でも味に悪影響を及ぼし、えぐみが出てしまうことも。

 共同研究チームはコレステロールからSGAが生合成されるメカニズムを研究し、PGA1、PGA2という遺伝子を発見。遺伝子の組み換えによって発現を抑えることで、SGAの含有量を大きく下げることに成功しました。生育には影響が無く、収穫量は野生型のじゃがいもと変わりません。

 また、遺伝子の組み換えを行ったじゃがいもは、土に植えると萌芽するものの、長期間保存しても芽が出ないことが分かっています。これは予想に反する現象だったため、原因はまだ特定されていません。将来的には、芽が出てしまってじゃがいもの調理が面倒くさい!……なんてことが無くなるかもしれません。


画像 左:野生型のじゃがいも、右:遺伝子組み換えじゃがいも。同じ環境に置いても芽が出ません

マッハ・キショ松


関連キーワード

遺伝子 | 有害物質 | 研究機関


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」