ニュース
» 2016年07月28日 20時00分 公開

「ポケモンGOの利用規約」をきちんと読んでいるのは1割未満 利用者の調査結果が公開

「ポケモンGOで運動の機会が増えた」人は50%以上。

[たろちん,ねとらぼ]

 ジャストシステムが「位置情報スマホゲームとライフスタイルに関する調査」の結果を公開。「ポケモンGO」リリースにともなう利用者の変化などを紹介しています。

ポケモンGO利用調査 位置情報ゲームでダントツ人気の「ポケモンGO」

 位置情報ゲーム利用状況の1位は「ポケモンGO」の39.8%がダントツの1位。続く「パズドラレーダー」は6.7%、「コロプラ」は6.4%で、ポケモンGOの基になっている「Ingress」は4.5%でした。

ポケモンGO利用調査 ポケモンGOによる行動の変化

 ポケモンGOによる行動の変化では、「歩いたり運動する機会が増えた」という人が「あてはまる・ややあてはまる」をあわせて54.4%という結果に。「自分が住んでいる地域の新しい魅力を発見できた」「今まで足を運んだことのない地域に行く機会が増えた」という人も半数近くおり、ポケモン探しが街の散策にもつながっていることが分かります。そのため、「スマートフォンを持ち歩く機会が増えた」という人も40%以上いました。

ポケモンGO利用調査 ポケモンGOによるメディア視聴の変化

 また、ポケモンGOによって「他のスマートフォンゲームの利用が減った」という人は約30%、「テレビの視聴時間が減った」という人は約20%。この傾向は特に30代に強く出ており、初代ポケモン世代の大人たちが熱心にプレイしていることを表しているのかもしれません。

ポケモンGO利用調査 ポケモンGOブームについての見方

 一方で、「ポケモンGOブームが1年以上続くと思うか」という質問には、「あてはまる(ややあてはまる)」「どちらともいえない」「あてはまらない(あまりあてはまらない)」がそれぞれ約3割ずつと、きれいに意見が分かれる結果になっています。

ポケモンGO利用調査 ポケモンGO利用規約について

 なお、ポケモンGOの利用規約を「すべてきちんと読んだ」という人はわずか8.9%。行動規範や安全なプレイに関する記載もあるため、一度は目を通しておくとよいでしょう。

※株式会社ジャストシステムのFastask調べ

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する