ニュース
» 2016年07月29日 19時10分 公開

物議かもした「金魚の放流」、7月30日は実施へ 批判を踏まえ新たに対策も

生態系の破壊や動物虐待の声があがっていた、渓流に金魚を放って捕まえるイベント。7月30日は予定通り開催すると、大阪府泉佐野市が発表した。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 大阪府泉佐野市は7月29日、「金魚を放流するのは虐待ではないか」など批判が寄せられていた「金魚の放流」イベントについて、予定通り30日に開催することを発表した。下流に網を設けて金魚の流出を防止するなど、意見を踏まえた対策も新たに実施する。

金魚の放流 犬鳴山納涼カーニバルの「金魚の放流」(泉佐野市観光サイトより

 「金魚の放流」は、30〜40年前から毎年「犬鳴山納涼カーニバル」の行事として催してきたイベント。犬鳴山の渓流の一定エリアに大量の金魚を放ち、参加者は捕まえて持ち帰ることができる。

 2016年度は7月16日と30日に実施する予定だったが、15日からネットや電話、メールで泉佐野市に対し、生態系の破壊や動物愛護の観点から問題があると批判や疑問の声が続出した。市はこれを受け、16日は金魚を放流するのではなく参加者への配布に切り替え、30日の開催は検討中だった(関連記事)。

金魚の放流 泉佐野市による「金魚の放流」実施の発表文

 市は各方面から多くの意見をもらったとし、情報収集や協会内部で協議した結果、30日は金魚を放流すると発表。当日は網を設置するほか、会場に金魚の育て方を載せたチラシを用意するという。

 「イベントの名称は金魚の放流ですが、単に金魚を放流しているわけではなく、親子連れのお客様を主な対象として、川で金魚すくいを楽しんでいただくイベント」と市はあらためて趣旨を説明。例年放流した金魚はほとんど参加者がすくって持ち帰っており、生態系の異変などの報告も受けたことはなく、「持ち帰られた金魚は、各家庭において大切に育てられているものと認識しております」と見解を示した。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」