ニュース
» 2016年08月03日 16時43分 公開

山形県新庄駅前に突如出現した冨樫義博さんが“仕事した看板”の正体とは

天狗の「かむてん」くんがその謎を解く鍵でした。

[ねとらぼ]

 新庄駅(山形県新庄市)駅前のバス停付近に突如現れた「ようこそ新庄へ」の看板。地方によくある観光客誘致看板かと思いきや、よく見たら冨樫義博さんが描いたものだったとしてネットでは「冨樫先生仕事してる」と話題になっています。

新庄市 新庄駅前に冨樫先生のイラストが使われた看板が出現(画像提供:さんぐら。FEif本9月オルスタさん)


 冨樫さんは「幽☆遊☆白書」や「HUNTER×HUNTER」を描く漫画家。新庄市は冨樫さんの出身地であり、先日も市の広報誌「広報しんじょう」8月号(8月9日発行)の表紙を担当することが発表されたばかりでした(関連記事)。郷土愛から看板のためにイラストを提供するのも頷けます。

 ところがよく調べてみるとこちらのイラスト、新たに書き起こしたものではなく22年前に制作されていたことが分かりました。新庄市の観光課にも確認したところ、冨樫さんは新庄市公式イメージキャラクター「かむてん」くんのデザインを担当しており、その制作時に描かれたものなんだとか。

新庄市 元になった冨樫さんのイラスト。確かに時代を感じる……(画像提供:新庄市)

 担当者によると、当時新庄市がまちおこしの一つとして取り組んでいた「昔かたりのきこえるみち」づくり事業のイメージキャラクターとして誕生した「かむてん」くんのイラストを冨樫さんが5点制作。デフォルメされたキャラクターが描かれた4点は利用される頻度も高かったようですが、看板に使われたバス停に並んでいるイラストはあまり活用されることがなかったとのこと。

新庄市新庄市 冨樫さんのかむてんくん

新庄市新庄市 冨樫さんのかむてんくん

 今回、既存のイラストをベースに山交バスの協力を得て背景にバスの車体を新たに追加し、「新庄駅前」の文字を重ねたんだそうです。ちなみにイラスト制作当時、作者の冨樫義博さんは「かむてん」はいたずら好きのじいさん天狗という設定で、「わたしの頭の中の家族構成は、三世代の7人家族ということであるのですが……。天狗の家族がテーマだったのですが、私自身、ひねくれ者なので、あえて家族を描かないで、街にとけこんでいる雰囲気だけを表現してみました」と語っています。このバス停に並んでいるイラストはそんなイメージを唯一表現したものだったのではないでしょうか。

新庄市 冨樫義博さんによる制作当時のコメント

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響