ニュース
» 2016年08月03日 21時16分 公開

ゴジラ=野村萬斎は“樋口プラン”だった! PS VR特別イベントで「シン・ゴジラ」の裏側明かす (1/2)

芸能界では「せりふを早口で言わないとカットされるといううわさが流れた」そう。

[Kikka,ねとらぼ]

 8月3日、映画「シン・ゴジラ」をモチーフとしたPlayStation VRコンテンツの特別先行体験会が東京で行われました。イベントには特技監督を務めた樋口真嗣さん、プロデューサーの佐藤善宏さん、ソニー・インタラクティブエンタテインメント ジャパンアジアの秋山賢成さんが出席しました。


PS VR ゴジラポーズをお願いしたら快くやってくれた樋口監督

 体験会に先駆けて行われたトークショーに登場した樋口監督は「久々に(ゲームを)やりたいな、欲しいなと思ったPS VRですが、まったく手に入らないんです。(予約争奪戦に)負け続けてるんです。今日ここに来たのは『大人の力』で何とかしてもらえるかと思って」と冒頭から笑いを誘います。


PS VR 左から樋口監督、佐藤プロデューサー、秋山さん


PS VR ゴジラの仮面について語る樋口監督


PS VRPS VR 樋口監督(左)とクロストークする秋山さん(右)

 また映画「シン・ゴジラ」329人目のキャストで、ゴジラをモーションキャプチャーで演じていた野村萬斎さんのキャスティングについては樋口監督が直々にオファーを出していたという秘話も明かされました。


PS VR 撮影秘話を語る佐藤プロデューサー

 「日本で作るものだから、『日本な感じ』を出したかったんです。(狂言で)人間じゃない物を、身体の動きだけで表現している萬斎さんを見てオファーしました」と語った樋口監督。

 また萬斎さんから「自分の顔をお面の先に意識を移して、そこが顔になるイメージ」と「ゴジラのお面が欲しい」というリクエストがあったというエピソードも披露。佐藤プロデューサーは「萬斎さん仕様の尻尾も作りましたね」と振り返り、「ゴジラが乗り移ったかのような熱演でした」と絶賛しました。また「早く(せりふを)しゃべらないとカットされるっていううわさが芸能界で流れたそうです。撮影中はカットもへったくれもないんですけれど、早くしゃべらないと『使われない』ってね」と話した樋口監督に、佐藤プロデューサーは「いいなって思って、『そうです』って言っておきました」と茶目っ気をのぞかせました。


PS VR PS VRを眼鏡のまま装着する樋口監督

PS VR めっちゃうれしそう


PS VR 樋口監督「おぉおおおお!」と大絶叫

PS VR たった1人で体験させられるというシュールすぎる画

 またイベントでは樋口監督がPS VRで「シン・ゴジラ」を体験する一幕も。「私みたいな眼鏡族の人でも、そのまま付けられるのがスゴイ」と話し、体験中は「おぉ〜ヤバい! ソレ、効かないから!」などと大興奮でした。


PS VR PS VRのクオリティーに大絶賛


PS VRPS VR 目を皿のようにする樋口監督に佐藤プロデューサーから「何やってんすか」の声

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた