ニュース
» 2016年08月08日 18時50分 公開

イカ収集アプリ「ポケット紋甲イカ」略して「ポケもんごう」が出オチすぎる

「ポケ紋甲」って言いたいだけだろっ!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 イカを育てて出荷するゲームアプリ「ポケット紋甲イカ」が、AppStoreGooglePlayに登場しました。少し言いにくいので略称を考えてみましょう。「ポケット紋甲イカ」……「ポケ紋甲」……「ポケもんごう」……「ポケモンGO」? ハッ、そういう狙いかっ!


ポケ紋甲 水槽の中には見覚えのあるイカがチラホラ。つっこみどころが多すぎる

 ものすごく位置情報ゲーム感のあるタイトルですが、外出せずとも遊べる内容。手持ちのP(ポイント)を消費して水槽内のイカにエサを与えると、寿司ネタなり実験材料なりに変化し、出荷されます。これを繰り返して、全10種類の「出荷されたイカの姿」を集めるとクリアー。エサ代よりも高値で売れればPは増加しますが、赤字が続いてPがなくなったらゲームオーバーです。


エサ選択結果 エサはミジンコ(5P)、エビ(50P)、イセエビ(500P)の3種類。高価なものほどレアな結果が出やすいが、奮発しすぎると結果が悲惨だったときの赤字がヤバイ

コレクション メイン画面右下の「皿コレ」をタップすると、コレクションを閲覧可能。絵皿の模様も、どこかで見たような……

 出荷後には、たまに「紋甲チャンス」が発生。「アプリ情報にGO!」をタップすると広告動画が流れ、見終わると直前の出荷で獲得したPが2倍になります。テンポが悪くなる……と思いつつ、イカが高額になったときはつい押してしまいます。くやしいっ!


レアゲット紋甲チャンス 1分程度の動画を見ると、獲得Pが2倍に

 7月22日に寿司屋でアイデアを思いつき、2日間で制作したとのこと。7月22日といえば、日本で「ポケモンGO」がリリースされた日。明らかに題名をわざとそっちに寄せた「ポケ紋甲」ですが、開発者は制作意図について「どうしてそう思うのかはわからないのですが、『このアプリの名前で楽しんでもらえるのは、今しか無いのではないか』そう思ったからです」と、とぼけたコメントを残しています。


紹介文 AppStoreより。「外に出かけなくても遊べるゲームです」と、アプリの紹介文もとぼけた内容


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む