ニュース
» 2016年08月09日 09時00分 公開

奇怪な首長フォルムが話題のポケモン“アローラナッシー” ついに羊毛フェルトで立体化する猛者があらわる

ナッシーの異様さがよくわかるクオリティー。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ポケモン最新作「サン・ムーン」に登場するポケモン「ナッシー(アローラのすがた)」(以下、便宜上「アローラナッシー」)。ネットで話題を呼んだ奇怪な首長フォルムに魅せられて、羊毛フェルトでフィギュアを製作してしまう猛者が現れました。こうして立体化された姿を見ると、あらためて造形の異常さに感心させられます(ほめ言葉)。


アローラナッシー あまりのクオリティーの高さに、アローラナッシーの異様さを再認識させられる

公式ナッシー 公式サイトで発表されたデザイン。比べてみるとフィギュアの再現性が分かる

 製作したのはTwitterユーザーのサイクロさん(@cycloid_curve)。羊毛フェルト工作歴5年余のベテランです。特徴の長〜い首や、奇妙な顔のついた尻尾を忠実に再現。これらには針金が仕込んであり、ぐにゃぐにゃ曲げて遊べます。また、ギリギリながら、支えなしできちんと立たせられるとのこと。あの不安定そうなフォルムで、高さが約35センチもあるのに……。


ぐにゃり ゲーム本編でも、このくらいアグレッシブに動いてほしい

 編集部は作者に取材し、製作にまつわる話をうかがいました。サイクロさんは以前から、ほかの人が立体化した新ポケモンを見て、自分も気に入るポケモンが発表されたら、いち早く作ろうと考えていました。そんな折にアローラナッシーが発表され、一目で魅せられたとのこと。針金を使った手法が得意なこともあり、首に太い針金を入れて遊べたら面白そうだと、製作を決めたそうです。


あらぶり ナッシーさん(あらぶるすがた)

 製作中は上のほうにある顔の部分が、位置的に作業しにくくて苦労したそうです。幹のような部分と細い針金でつないでいたところ、終盤になって1つ切れてしまうアクシデントも。そして6日間、延べ約25時間の苦心の末、1500円程度の製作費で完成させたとのこと。お疲れさまです!


背面 尻尾にくっついた、もう1つの顔まで作り込まれている

 作品にはリツイートが4000を超すほどの反響が集まり、「正直びっくりしている」とはサイクロさんの弁。「アローラナッシーが人気なのは知っていましたが、ここまでとは思いませんでした」と、自身の作品への注目に戸惑っていました。いや、そりゃあみんな見ますよこんな奇妙な物体!(ほめ言葉)

画像提供:@cycloid_curveさん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」