ニュース
» 2016年08月10日 22時04分 公開

国産花火に活力を 「ドラゴン」花火の復刻プロジェクト、207万円集めて無事復刻確定

日本の花火市場の9割以上が外国産となった現在、「純国産花火が普及していく足がかりになれば」。

[宮原れい,ねとらぼ]

 噴出型花火の元祖で、1949年に発売された国産花火「ドラゴン」。火薬や材料費の高騰から2008年に生産中止となっていましたが、2016年7月15日にクラウドファンディングサイトCAMPFIREで復刻プロジェクトが始動しました。

 そして、8月10日の終了時点で目標金額60万円の3倍以上となる、207万円(パトロン数337人)を達成。「復刻版ドラゴン」の販売が決定しました。



 プロジェクトを立ち上げたのは「ドラゴン」製造メーカー・太田煙火製造所の太田恒司さん。今年で88年目になる老舗花火メーカーの5代目で、純国産花火の現状を伝え、盛り上げるためにと立ち上げを決意。

 CAMPFIREでは、「現在日本の花火市場の9割以上は中国をはじめとする外国産のもの」という事実とその経緯を説明しています。


国産花火 ドラゴン 復刻 クラウドファンディング 昭和24年発売。噴出型花火の元祖「ドラゴン」

国産花火 ドラゴン 復刻 クラウドファンディング 「ドラゴン」は商品名。「シューーーッ!!」と噴き出す花火の本家本元です

 1975年以降、価格の安い外国産花火により、少しずつ淘汰されていった国産花火。太田さんは、このままでは消えてしまうのは時間の問題、また一度そうなれば“作れなく”もなるとして、「今一度、多くの方に国産花火に目を向けていただければ」と考えを述べています。


国産花火 ドラゴン 復刻 クラウドファンディング 太田煙火製造所の5代目、太田恒司さん

国産花火 ドラゴン 復刻 クラウドファンディング 手作業での花火製造も紹介しています

 最初は「2017年夏のみ、限定5万個の限定復刻」の販売とされていましたが、予想を超える支援により、増産と翌年以降の生産も行われる予定です。「復刻版ドラゴン」のデザインもすでに公開され、来年の夏を待つばかりとなっています。


国産花火 ドラゴン 復刻 クラウドファンディング 「復刻版ドラゴン」のデザイン

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」