ニュース
» 2016年08月10日 22時04分 公開

国産花火に活力を 「ドラゴン」花火の復刻プロジェクト、207万円集めて無事復刻確定

日本の花火市場の9割以上が外国産となった現在、「純国産花火が普及していく足がかりになれば」。

[宮原れい,ねとらぼ]

 噴出型花火の元祖で、1949年に発売された国産花火「ドラゴン」。火薬や材料費の高騰から2008年に生産中止となっていましたが、2016年7月15日にクラウドファンディングサイトCAMPFIREで復刻プロジェクトが始動しました。

 そして、8月10日の終了時点で目標金額60万円の3倍以上となる、207万円(パトロン数337人)を達成。「復刻版ドラゴン」の販売が決定しました。



 プロジェクトを立ち上げたのは「ドラゴン」製造メーカー・太田煙火製造所の太田恒司さん。今年で88年目になる老舗花火メーカーの5代目で、純国産花火の現状を伝え、盛り上げるためにと立ち上げを決意。

 CAMPFIREでは、「現在日本の花火市場の9割以上は中国をはじめとする外国産のもの」という事実とその経緯を説明しています。


国産花火 ドラゴン 復刻 クラウドファンディング 昭和24年発売。噴出型花火の元祖「ドラゴン」

国産花火 ドラゴン 復刻 クラウドファンディング 「ドラゴン」は商品名。「シューーーッ!!」と噴き出す花火の本家本元です

 1975年以降、価格の安い外国産花火により、少しずつ淘汰されていった国産花火。太田さんは、このままでは消えてしまうのは時間の問題、また一度そうなれば“作れなく”もなるとして、「今一度、多くの方に国産花火に目を向けていただければ」と考えを述べています。


国産花火 ドラゴン 復刻 クラウドファンディング 太田煙火製造所の5代目、太田恒司さん

国産花火 ドラゴン 復刻 クラウドファンディング 手作業での花火製造も紹介しています

 最初は「2017年夏のみ、限定5万個の限定復刻」の販売とされていましたが、予想を超える支援により、増産と翌年以降の生産も行われる予定です。「復刻版ドラゴン」のデザインもすでに公開され、来年の夏を待つばかりとなっています。


国産花火 ドラゴン 復刻 クラウドファンディング 「復刻版ドラゴン」のデザイン

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響