ニュース
» 2016年08月17日 13時20分 公開

元坊主バー店員が「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」を越える神フレーズを発表 仏教ネタだらけの「仏フレーズ」が上位を独占

キレる仏たち。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 語感の良さからネットスラングとしてもよく使われている「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」という表現。これを上回る「神フレーズ」が発表され、話題になっています。


仏フレーズ 最優秀賞から銅賞まで仏教関係のフレーズがずらり


仏フレーズ 入選作品にもブッディズムがチラリ

 投稿したのは、坊主BAR(東京都四谷)で働いていたという元坊主バーさん(@vowzbar_yotsuya)。8月12日からTwitter上で「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」を越えるおもしろいフレーズを募集したところ、あっという間に回答が集まり、翌13日に結果発表しました。

 最優秀賞には「千手観音が全力で中指を立てるレベル」が輝いたほか、「お釈迦様が垂らした糸に電流流すレベル」(金賞)、「全国の大仏が一斉に立ち上がるレベル」(銀賞)、「十一面観音が全ての顔で奇面フラッシュを撃ってくるレベル」(銅賞)と仏教に関係した表現が上位を総なめ。神フレーズっていうか、仏フレーズばっかりじゃねえか!

 ちなみに、このような企画は以前から行っており、現在は「ポケモンGO」ならぬ「仏門 業(ぶつもん ごう)」という架空のゲームの内容を募集しています。「寺に行くと寺務リーダーになれる」「住職をコレクションできる」など、こちらにも続々と回答が。コアな仏教ファン垂涎の作品になりそう。

マッハ・キショ松

関連キーワード

仏教 | Twitter | ネタ | スラング


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」