ニュース
» 2016年08月21日 16時12分 公開

トランプ氏=ヴォルデモート? 「ハリー・ポッター」読者はトランプ氏を支持しない傾向 ペンシルバニア大調査

J・K・ローリングさん「とにかく最高にいい気分」

[大場巧揮,ねとらぼ]

 「ハリー・ポッター」の読者は、アメリカ大統領共和党予備選挙の候補者であるドナルド・トランプ氏を支持しない傾向にあるという調査結果が、ペンシルバニア大学から発表されました。



 発表された「Harry Potter and the Deathly Donald?(ハリー・ポッターと死のドナルド?)」という論文では、合計1142人に調査。その中で「ハリー・ポッター」の読者は、ドナルド・トランプ氏を支持しない傾向にあると指摘されています。支持政党や性別、教育レベルなどに関わらず、ハリー・ポッターを読んだことで影響があることが確認されました。


「ハリー・ポッター」読者はトランプ氏を支持しない傾向 発表された論文(“Harry Potter and the Deathly Donald?”より)

 原因として、トランプ氏の政策が「ハリー・ポッター」シリーズで描かれている価値観とは真逆のものであり、むしろ彼の考えがハリー・ポッター最大の敵ヴォルデモートに近いと考えられることが指摘されています。


「ハリー・ポッター」読者はトランプ氏を支持しない傾向 調査結果の一部(“Harry Potter and the Deathly Donald?”より)

 マッツ教授は「ハリー・ポッター」シリーズでは、違いに対する寛容さや尊重、暴力や処罰への反対、独裁体制への反対の3つが思想の核となっているとしています。一方でトランプ氏はイスラム教徒の入国禁止やマイノリティへの攻撃的発言をしていることなどから、「ハリー・ポッター読者が、トランプ氏と、権力に貪欲なヴォルデモートを似ていると考えるのは当然でしょう」と記しています。



 「ハリー・ポッター」シリーズの著者であるJ・K・ローリングさんはこの調査結果を「とにかく、おかげでいい日になったよ」とツイートしています。ローリングさんはトランプ氏反対を以前から表明していました。

 なお、映画版「ハリー・ポッター」を見た人のデータも収集されましたが、こちらはトランプ氏への反対につながる結果は確認されなかったようです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む