ニュース
» 2016年08月21日 16時12分 公開

トランプ氏=ヴォルデモート? 「ハリー・ポッター」読者はトランプ氏を支持しない傾向 ペンシルバニア大調査

J・K・ローリングさん「とにかく最高にいい気分」

[大場巧揮,ねとらぼ]

 「ハリー・ポッター」の読者は、アメリカ大統領共和党予備選挙の候補者であるドナルド・トランプ氏を支持しない傾向にあるという調査結果が、ペンシルバニア大学から発表されました。



 発表された「Harry Potter and the Deathly Donald?(ハリー・ポッターと死のドナルド?)」という論文では、合計1142人に調査。その中で「ハリー・ポッター」の読者は、ドナルド・トランプ氏を支持しない傾向にあると指摘されています。支持政党や性別、教育レベルなどに関わらず、ハリー・ポッターを読んだことで影響があることが確認されました。


「ハリー・ポッター」読者はトランプ氏を支持しない傾向 発表された論文(“Harry Potter and the Deathly Donald?”より)

 原因として、トランプ氏の政策が「ハリー・ポッター」シリーズで描かれている価値観とは真逆のものであり、むしろ彼の考えがハリー・ポッター最大の敵ヴォルデモートに近いと考えられることが指摘されています。


「ハリー・ポッター」読者はトランプ氏を支持しない傾向 調査結果の一部(“Harry Potter and the Deathly Donald?”より)

 マッツ教授は「ハリー・ポッター」シリーズでは、違いに対する寛容さや尊重、暴力や処罰への反対、独裁体制への反対の3つが思想の核となっているとしています。一方でトランプ氏はイスラム教徒の入国禁止やマイノリティへの攻撃的発言をしていることなどから、「ハリー・ポッター読者が、トランプ氏と、権力に貪欲なヴォルデモートを似ていると考えるのは当然でしょう」と記しています。



 「ハリー・ポッター」シリーズの著者であるJ・K・ローリングさんはこの調査結果を「とにかく、おかげでいい日になったよ」とツイートしています。ローリングさんはトランプ氏反対を以前から表明していました。

 なお、映画版「ハリー・ポッター」を見た人のデータも収集されましたが、こちらはトランプ氏への反対につながる結果は確認されなかったようです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響