ニュース
» 2016年08月24日 10時54分 公開

大流行中の“イヤホンガンガン伝言ゲーム”に潜む音響外傷のリスク 耳鼻科医は「絶対にやらないで」と警鐘

取り返しのつかないことになるかも。

[イッコウ,ねとらぼ]

 Twitterを中心に「イヤホンガンガン伝言ゲーム」という遊びが登場しました。このゲームは“イヤホンで大音量の音楽を流しながら伝言ゲームをする”というもので、次々と的をはずれた内容になっていく様子が話題となり、ちょっとしたブームとなっています。


イヤホンガンガン伝言ゲーム イヤフォン 耳鼻科 難聴 流行していますが……

 このゲームは、その手軽さも相まって女子高校生を中心に広まっていった様子。現在ではユーチューバーや芸能人なども参戦しており、このゲームを遊ぶ様子をYouTubeやTwitterに投稿しています。しかし、一部では「声が聞き取れないほど大音量の音楽を聞くのは危険なのでは?」という意見もあがっているようです。この「イヤホンガンガン伝言ゲーム」は本当に危険なのか、耳鼻科医である大河原大次医師(日本橋大河原クリニック)に聞いてみました。

 大河原医師は、イヤホンガンガン伝言ゲームで「音響外傷」による難聴となる可能性があると指摘。この音響外傷は、大きな音を聞くことで音を感じる神経がダメージを受け音が聞き取りづらくなるもので、場合によっては痛みを伴う場合もあるとのこと。また、音響外傷は非常に治りにくく、場合によっては治らない状態にまで悪化することもあるようです。


イヤホンガンガン伝言ゲーム イヤフォン 耳鼻科 難聴 サイトでも注意喚起されていました(日本橋大河原クリニックサイトより

 大河原医師はこのゲームについて「近くの人の言葉が聞き取れないような大音量をイヤホンで聞くのは非常に危険。絶対にやらないで欲しい」と語っていました。大流行のイヤホンガンガン伝言ゲームですが、実は危険なゲームだったと言えそうです。


イヤホンガンガン伝言ゲーム イヤフォン 耳鼻科 難聴 Twitterには多数の動画があがっています

イヤホンガンガン伝言ゲーム イヤフォン 耳鼻科 難聴 複数人で遊ぶことが多い様子

イヤホンガンガン伝言ゲーム イヤフォン 耳鼻科 難聴 男性同士でも

関連キーワード

流行 | 難聴 | イヤフォン | ブーム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」