ニュース
» 2016年08月24日 17時02分 公開

「VALKYRIE DRIVE」がエロ過ぎて独と豪で発売禁止、おっぱい美少女が興奮して武器になるゲーム

「18歳未満の少女が不自然かつ卑猥なポーズで描写されるコンテンツ」が、未成年者に対して極めて有害と見なされたため。

[Ritsuko Kawai,AUTOMATON]
AUTOMATON


VALKYRIE DRIVE発売禁止

 先日、ドイツのソフトウェア事前審査機構(以下、USK=Unterhaltungssoftware Selbstkontrolle)と、オーストラリア等級審査委員会(以下、ACB=Australian Classification Board)は、日本の家庭用ゲーム『VALKYRIE DRIVE -BHIKKHUNI-』(ヴァルキリードライヴ ビクニ)を、同国内における販売が禁止される審査拒否のレイティングに指定した。18歳未満の少女が不自然かつ卑猥なポーズで描写されるコンテンツが、未成年者に対して極めて有害と見なされたため。本作に関しては、巨乳の女の子が興奮すると武器になってしまうという、おっぱいへの執着心とリビドーに満ちた独特の表現が、発表当初から日本国内でも斬新なまでにぶっ飛んでいると物議を醸していた。



18歳未満のセクシーポーズが完全にアウト

VALKYRIE DRIVE発売禁止 おっぱいサイズはスイカップがデフォ

 『VALKYRIE DRIVE -BHIKKHUNI-』は、2015年12月にマーベラスから、PlayStation Vita向けに発売された攻撃的爆乳ハイパーバトルゲーム。元は「VALKYRIE DRIVE PROJECT」として発表されたメディアミックス企画で、テレビアニメ「VALKYRIE DRIVE -MERMAID-」やソーシャルゲーム「VALKYRIE DRIVE -SIREN-」も同時期に展開していた。アニメ版公式サイトのスペック欄に“乳重”という表記を含めるほどに、おっぱいに馳せる情熱と性欲、フェティシズム全開のキャラクターデザインに加えて、興奮すると身体が武器化してしまうという快感追求的なテーマが特徴だ。国内における対象年齢は17歳以上。なお、北米および英国では、PQubeから9月16日の発売を予定している。

 国産ゲームの販売も手がける英国メディアRice Digitalによると、本作の審査拒否に関して英語版のパブリッシャーPQubeは、ACBから判断基準の詳細は説明されていないとのこと。一方、USKはドイツでの販売を禁止した理由について、18歳未満の少女が不自然かつ卑猥なポーズで描写されるコンテンツが、未成年者に対して極めて有害と見なした旨を説明している。なお、USKは同じく性的表現が含まれる少女おしおきRPG『クリミナルガールズ2』に関しても、ほぼ同様の理由でドイツ国内における販売を禁止していた。また、ACBは今年6月にも、少なくとも見た目が18歳未満と判断される少女キャラクターを使った性的描写が児童ポルノを想起させるとして、『メイQノ地下ニ死ス』の国内販売に待ったをかけている。

 オーストラリアのACBとドイツのUSKは、共に映像作品の倫理審査を行う公的機関であり、日本のコンピュータエンターテインメントレーティング機構(通称、CERO)や、アメリカのエンターテインメントソフトウェアレイティング委員会(通称、ESRB)とは異なり、絶対的な法的拘束力を有する。その審査基準も他国より比較的に厳しいとされる。特にドイツでは、EU圏内の審査を担う汎欧州ゲーム情報(通称、PEGI)よりも、公的なUSKがレイティングにおける優先権を持っており、対象年齢を満たしていない消費者に商品を提供した違反者には、青少年保護法に基づいた刑事罰が科される。オーストラリアに関しても、ACBは以前から他国の基準よりはるかに厳しい審査を下すことで知られており、昨年7月には、わずか4か月で過去20年の4倍にあたるゲーム作品を発売禁止に指定している事実が報じられていた。

 余談になるが、先日には、女の子を眼力で昇天させるシューティングゲーム『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』の北米版パッケージに、全年齢対象を示すレイティングの誤表記が見つかり、SNSを中心に議論の的になっていた。同作は、けしからん下着姿あり、無防備な格好で窓枠に挟まる姿あり、触手のモンスターに束縛される姿ありといった度し難い性的表現を含みつつも、ドイツとオーストラリアでも年齢制限付きで発売されている。



関連記事


Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」