ニュース
» 2016年08月25日 09時00分 公開

「ポケモンGO」チートを使わず24時間で100万経験値ゲットを目指す配信、まさかのアクシデントに見まわれ途中終了に

あまりに効率よくプレイしすぎたのが原因でした。

[ねとらぼ]

 「Pokemon GO(ポケモンGO)」でチートを使わず、24時間で100万経験値ゲットを目指す企画が海外で行われたのですが、あまりにも効率よく経験値を稼ぎすぎたためか、途中で不正と見なされ、アカウントが一部凍結されてしまうという出来事がありました。

 この企画に挑戦したのは、テキサス州に住む「ポケモンGO」ユーザー、Jimmy Derocherさん。Jimmyさんの挑戦の様子は、Twitchのアーカイブで今も見ることができます。



 Jimmyさんが立てた作戦は、オースティンにあるポケストップ密集地帯をひたすら歩き、ポケモンを捕まえ続けるというもの。ここは10個のポケストップが輪っか状に配置されているため、1周するころには最初のポケストップが再びチェック可能になっているという仕組みです。Jimmyさんはこれを「Jimmy's LOOP」と名付け、ここを24時間ひたすら周回し続けることで、正攻法での100万経験値ゲットを目指しました。


ポケモン24時間で100万EXP Jimmyさんが考えた「Jimmy's LOOP」

 そして迎えた挑戦当日。ルアーモジュールやしあわせタマゴなどのアイテムも駆使し、予定通り着実に経験値を積み重ねていくJimmyさん。半日を待たずに目標の半分である50万EXPを稼ぎ、このペースで行けば挑戦達成は確実に思えました。


ポケモン24時間で100万EXP 序盤は順調そのもの

 しかし、挑戦時間が13時間に迫るあたりでJimmyさんのプレイに異変が。ポケモンは普通に出現するのですが、どのポケモンも必ずボールから出てしまい、しかも1発で逃げられてしまう状態に。どうやら、あまりにも効率よくプレイしすぎたために、bot監視システムに引っ掛かってしまったもよう。Jimmyさんのアカウントは、24時間ポケモンがゲットできない“ソフトBAN”状態となり、結局、挑戦は経験値約60万を稼いだところで終了となってしまいました。


ポケモン24時間で100万EXP ポケモンが……つかまらない??(中央の画面に注目)

ポケモン24時間で100万EXP ポッポやキャタピーなど、比較的ゲットしやすいポケモンも1発で逃げられてしまう状態に

 まさかの結末を迎えてしまったJimmyさんの挑戦ですが、botによるチート監視システムが適切かどうか、という問題を提起したという点では意味があったのかもしれません。Jimmyさんは、「botによる監視は人間よりも確かに効率的かもしれませんが、無計画なBANは彼らが考える以上にプレイヤーを傷つけていると思います」と米Kotakuの取材に答えています


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響