ニュース
» 2016年08月26日 15時00分 公開

SNSアプリ“ゴルスタ”が「独裁的運営」と炎上 中高生に忠誠誓わせ「まるでカルト宗教」の声、個人情報暴露のウワサも

運営批判は「威力業務妨害」?

[イッコウ,ねとらぼ]

 スプリックスが運営する中高生向けSNSアプリ「ゴルスタ」が炎上しています。少しでも運営を批判したユーザーを即座にBAN(アカウント停止)したり、復帰を望むユーザーには反省文を書かせたりと、その思想統制ぶりが「まるでカルト宗教のようだ」などと話題に。また、運営の業務を妨害したユーザーの個人情報をTwitterに“晒した”といった情報もあります。



ゴルスタ 運営 炎上 ゴルスタを運営するスプリックスは、他に教育関連の事業も行っています(スプリックス公式サイトより

 「ゴルスタ」は“中高生限定”をうたったSNS配信アプリ。登録することで他のユーザーとつながったり、手軽にライブ配信ができたりするのが特徴で、近年利用者数を伸ばしていました。ゴルスタ運営は運営批判をしたユーザーだけでなく、それに同意したユーザーもBANしていると指摘されており、「実質的に言論統制なのではないか」との意見も。また、復帰を希望するユーザーに対しては反省文の提出の他“復帰後は運営に対し協力的な姿勢をとること”などを求めており、ゴルスタ運営Twitterは「運営批判はやめよう」といったユーザーのツイートを次々とリツイートし拡散しています。


ゴルスタ 運営 炎上 BANからの復帰には反省文提出が必要(ゴルスタ公式Twitterアカウントより

 ゴルスタ運営Twitterは、運営批判でBANされたユーザーに対し「『威力業務妨害』で警察に通知します」など通報を示唆したツイートも投稿。ゴルスタ運営に対しては、BANの際にユーザーに送られるコメントに「我々もずいぶん侮辱されたものですね」といった刺激的な言葉があったとするツイートも登場するなど、批判が相次いでおり、24日夜から現在に至るまで「ゴルスタ」がTwitterトレンドに入り続けています。

 さらに、ゴルスタ運営TwitterがBANした利用者の都道府県・本名などの個人情報を投稿したとの指摘もあり、これに対して「“常識はずれだ”とリプライを送ったがブロックされた」とするユーザーも登場。現在この個人情報を記載したツイートはゴルスタ運営Twitterから確認できず、ツイートを消したかも含め真偽は不明ですが、これに対しては複数のユーザーから指摘があるようです。

 なお、運営体制に批判が集まっていることについてどう考えているか、個人情報をツイートしたのは事実なのかなどについて、運営を行うスプリックスに対し取材を申し入れたものの、26日15時現在回答はありません。

関連キーワード

Twitter | 批判 | 炎上 | 業務妨害 | 中高生


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響