ニュース
» 2016年08月28日 20時00分 公開

シンガポールのアニマルシェルターが視力を失った犬へ追悼動画を公開 愛情が伝わってくると話題に

わんちゃんは最後の1年をシェルターでかわいがられていました。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 シンガポールのアニマルシェルター「Save Our Street Dogs」(以下、SOSD)が、10歳で天寿を全うしたハスキー犬への追悼動画をFacebook上で公開し、感動と共感を集めています。

シンガポールのアニマルシェルターが視力を失った犬へ追悼動画を公開 ハスキー犬のスヌーピーくん (画像はSOSD Facebookの動画より

 オスのハスキー犬・スヌーピーは2015年8月にSOSDへと預けられました。元の飼い主は海外へと移住する関係上、どうしてもスヌーピーを手放さざるを得ませんでした。しかしスヌーピーは高齢な上、視力をほぼ失っており、新しい引き取り手がなかなか見つからない状況が続きました。

 スヌーピーは最初こそ1人になりがちだったものの、次第にスタッフやボランティアとも打ち解け、シェルター内でも楽しく過ごすようになっていきました。公開された動画ではスヌーピーがオモチャのボールをくわえて遊ぶ姿や、スタッフにじゃれているほほ笑ましい映像が確認できます。

シンガポールのアニマルシェルターが視力を失った犬へ追悼動画を公開 スヌーピーとアンドリューさん (画像はSOSD Facebookの動画より

 特にスタッフのアンドリューさんはスヌーピーにとってお父さんのような存在になりました。アンドリューさんは年末に新居へと引っ越し、犬を飼える環境を整えてスヌーピーを引き取る計画を立てていたそうです。そんな矢先、スヌーピーは腸に感染症を発症。懸命の看病が3日間続きましたが、残念ながらそのまま息を引き取ってしまいました。スヌーピーの葬儀は8月12日に行われ、その日アンドリューさんは正式に里親としてスヌーピーを引き取りました。

 動画はスヌーピーに宛てたビデオレター形式となっており、SOSDは「スヌーピー、たくさんの素晴らしい瞬間をありがとう。してあげられたこと以上に、たくさんの幸せをくれました」とスヌーピーへの感謝の言葉をつづっています。また、SOSDはシェルター内で依然70頭以上のわんちゃんの里親を探しており、彼らがシェルター内で老いて死ぬのではなく、里親が見つかることを日々願っているというメッセージで動画を締めくくっています。難しい境遇にあるわんちゃんたちがみんな、アンドリューさんのような存在に出会えるような日が来てほしいですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響