ニュース
» 2016年08月28日 20時00分 公開

シンガポールのアニマルシェルターが視力を失った犬へ追悼動画を公開 愛情が伝わってくると話題に

わんちゃんは最後の1年をシェルターでかわいがられていました。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 シンガポールのアニマルシェルター「Save Our Street Dogs」(以下、SOSD)が、10歳で天寿を全うしたハスキー犬への追悼動画をFacebook上で公開し、感動と共感を集めています。

シンガポールのアニマルシェルターが視力を失った犬へ追悼動画を公開 ハスキー犬のスヌーピーくん (画像はSOSD Facebookの動画より

 オスのハスキー犬・スヌーピーは2015年8月にSOSDへと預けられました。元の飼い主は海外へと移住する関係上、どうしてもスヌーピーを手放さざるを得ませんでした。しかしスヌーピーは高齢な上、視力をほぼ失っており、新しい引き取り手がなかなか見つからない状況が続きました。

 スヌーピーは最初こそ1人になりがちだったものの、次第にスタッフやボランティアとも打ち解け、シェルター内でも楽しく過ごすようになっていきました。公開された動画ではスヌーピーがオモチャのボールをくわえて遊ぶ姿や、スタッフにじゃれているほほ笑ましい映像が確認できます。

シンガポールのアニマルシェルターが視力を失った犬へ追悼動画を公開 スヌーピーとアンドリューさん (画像はSOSD Facebookの動画より

 特にスタッフのアンドリューさんはスヌーピーにとってお父さんのような存在になりました。アンドリューさんは年末に新居へと引っ越し、犬を飼える環境を整えてスヌーピーを引き取る計画を立てていたそうです。そんな矢先、スヌーピーは腸に感染症を発症。懸命の看病が3日間続きましたが、残念ながらそのまま息を引き取ってしまいました。スヌーピーの葬儀は8月12日に行われ、その日アンドリューさんは正式に里親としてスヌーピーを引き取りました。

 動画はスヌーピーに宛てたビデオレター形式となっており、SOSDは「スヌーピー、たくさんの素晴らしい瞬間をありがとう。してあげられたこと以上に、たくさんの幸せをくれました」とスヌーピーへの感謝の言葉をつづっています。また、SOSDはシェルター内で依然70頭以上のわんちゃんの里親を探しており、彼らがシェルター内で老いて死ぬのではなく、里親が見つかることを日々願っているというメッセージで動画を締めくくっています。難しい境遇にあるわんちゃんたちがみんな、アンドリューさんのような存在に出会えるような日が来てほしいですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた