ニュース
» 2016年08月30日 15時58分 公開

“赤い通り魔”レッドマンのLINEスタンプがついに登場 怪獣逃げてえええええ!

LINEでもレッドマンからは逃げられない。

[ねとらぼ]

 YouTubeでリバイバル配信中の特撮番組「レッドマン」が、LINEクリエイターズスタンプに登場しました。スタンプ40種類のセットで、価格は120円(税込)。



 「レッドマン」は1972年放送の、円谷プロダクションによる特撮番組。何の説明もなくいきなり怪獣に襲いかかる、とどめの武器がナイフや手槍などやたら物騒、しまいには着ぐるみを崖から投げ捨てる禁断の技「レッドフォール」でオーバーキルするなど、もはやどちらが悪者なのか分からない残虐ファイトぶりで、リバイバル配信をきっかけにナナメ上方向に人気が再燃していました。ファンの間での通称は「赤い通り魔」。

 スタンプもそのあたりを意識しているのかしていないのか、「絶対に許さない」と怪獣を追いかける姿や、刺殺した怪獣が死んでいるか目視確認する行為、通称「レッドチェック」など、「お前本当にヒーローか」と言いたくなるようなスタンプも妙に充実。リリースによると、「『レッドマン』全138話、総尺約6時間の本編の中から『これぞレッドマン!』というシーンを選りすぐってスタンプ化いたしました」とのことです。お、おう……。


レッドマンスタンプ スタンプの一部。どっちが悪者か分からない……

レッドマンスタンプ 怪獣は絶対に許さないという強い意志

 レッドマンのLINEスタンプはLINE STOREで配信中。レッドマン本編も、YouTubeの円谷プロ公式チャンネルで平日毎日1本ずつ更新中です


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた