ニュース
» 2016年08月30日 15時58分 公開

“赤い通り魔”レッドマンのLINEスタンプがついに登場 怪獣逃げてえええええ!

LINEでもレッドマンからは逃げられない。

[ねとらぼ]

 YouTubeでリバイバル配信中の特撮番組「レッドマン」が、LINEクリエイターズスタンプに登場しました。スタンプ40種類のセットで、価格は120円(税込)。



 「レッドマン」は1972年放送の、円谷プロダクションによる特撮番組。何の説明もなくいきなり怪獣に襲いかかる、とどめの武器がナイフや手槍などやたら物騒、しまいには着ぐるみを崖から投げ捨てる禁断の技「レッドフォール」でオーバーキルするなど、もはやどちらが悪者なのか分からない残虐ファイトぶりで、リバイバル配信をきっかけにナナメ上方向に人気が再燃していました。ファンの間での通称は「赤い通り魔」。

 スタンプもそのあたりを意識しているのかしていないのか、「絶対に許さない」と怪獣を追いかける姿や、刺殺した怪獣が死んでいるか目視確認する行為、通称「レッドチェック」など、「お前本当にヒーローか」と言いたくなるようなスタンプも妙に充実。リリースによると、「『レッドマン』全138話、総尺約6時間の本編の中から『これぞレッドマン!』というシーンを選りすぐってスタンプ化いたしました」とのことです。お、おう……。


レッドマンスタンプ スタンプの一部。どっちが悪者か分からない……

レッドマンスタンプ 怪獣は絶対に許さないという強い意志

 レッドマンのLINEスタンプはLINE STOREで配信中。レッドマン本編も、YouTubeの円谷プロ公式チャンネルで平日毎日1本ずつ更新中です


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む